フリーターや既卒について

フリーターからでも就職しやすい職種

更新日:

フリーターからでも、就職しやすい職種と就職しにくい職種というものがあります。

フリーターからでも就職しやすい職種

なるべくフリーターから就職しやすい職種を選んで応募することで、大変な就職活動も早く片付けることができます。

今回は就職コンサルタントに聞いた、フリーターからしやすい職種をまとめてみたので、参考にしてみてください。

就職支援サイトランキング

フリーターからでも就職しやすい職種

1. 営業職

営業職はどこの企業でも必要不可欠な職種です。

一定の人数が必要なため求人が多い職種で、スキルや年齢を問わないことが多いです。

そのため、営業職はフリーターでも就職しやすい職種と言えるでしょう。

企業によってはインセンティブ(実績に応じた報酬)を設定しているところもあり、フリーターからの就職であっても高い収入を得ることが可能な貴重な職種です。

営業職に就職するなら、多少は体力やコミュニケーション能力はあったほうがいいですね。

例えコミュニケーションが苦手だったとしても、克服することができるかもしれません。

精神的に鍛えられることはもちろん、ビジネスマナーや交渉力もしっかりと身に付きます。

どの業界にもある職種なので、転職をしやすい職種でもあります。

フリーターからの就職でも、かなり就職しやすい方の職種だと思いますよ。

2. 事務職(一般事務)

営業職と同じく、事務職はどこの企業でも必要不可欠な職種です。

事務職は一般事務のほか、営業事務、経理などもありますが、フリーターからでも就職しやすい職種は事務職の中でも一般事務となります。

女性のオフィスワークを目指す人のほか、最近は男性からも人気があるようです。

体力や特別なスキルを必要としないところが多いので、パソコンを使える人であれば就職しやすい職種といえます。

Office系のソフトを使えると更に就職しやすくなります。

3. サービス・販売職

飲食の仕事や、介護の仕事、販売の仕事などがサービス・販売職にあたります。

サービス・販売職はアルバイトも多いのでわかると思いますが、スキルや年齢はあまり問われません。

敷居が低く、仕事の種類が幅広く、求人数も多いため、フリーターからでも就職しやすい職種と言えるでしょう。

さらに、アルバイトで飲食や販売の仕事をやっていた人はその経験も活かすことができるので、特に就職しやすいですね。

給与は比較的低いですが、キャリアアップすることで収入を増やすことは可能です。

特に介護の仕事は少子高齢化によって、今後さらに需要が増えていくと考えられます。

4. 技術職

エンジニアやプログラマーなどの技術職も、実は資格や勉強次第でフリーターからでも就職しやすい職種といえます。

先に紹介した営業職、事務職(一般事務)、サービス・販売職に比べれば、技術職はフリーターから就職しにくいのですが、それでもイメージしているよりは就職しやすい職種ですよ。

技術職は給与や待遇をよくするために転職されることが珍しくないため、周りが思うよりは比較的就職しやすい職種なんです。

特にIT業界はかなり転職が多いようです。

未経験のわたしも資格の勉強をし、ITエンジニアに就職することができました。

ただ、技術職に就職するには、就職活動で今までどんな勉強をしてきたか、今どの程度の知識やスキルがあるかをアピールできることが大切です。

わたしはいまいちどうアピールしたらいいかわからなかったので、就職コンサルタントに履歴書の書き方や面接対策をめちゃくちゃ相談しました。

あなたのやりたい仕事はありましたか?

フリーターから就職しやすい職種の中に、あなたのやりたい仕事や気になる仕事はありましたか?

あなたのやりたい仕事や気になる仕事があったなら、その職種を目指すのが良いと思います。

フリーターから就職しやすい職種にやりたい仕事はありましたか?

ただし、“フリーターから就職しやすい職種”といっても、30代、40代・・・と歳を重ねていけば就職することはどんどん厳しくなっていってしまいます。

フリーターからなるべく自分の希望に近い企業に就職するには、1歳でも若いうちに行動するのが一番大切なことです。

まだ、「やりたい仕事がよくわからない」という20代のフリーターは、就職のプロに相談するといいかもしれません。

就職支援サイトを活用すると専任の就職コンサルタントがあなたの特性や好みなどから、向いている仕事を的確にアドバイスしてくれますよ。

東京近辺の首都圏ならハタラクティブ、大阪などの関西やその他の関東エリアなら就職Shopが適正を引き出してくれるのでオススメです。

わたしも最初はITエンジニアはまったく頭になく、むしろ自分には無理だと思って考えてもいなかったので、向いているかもしれないと言われた時は驚きました。

就職してITエンジニアとして働いている今は、黙々と集中してできるこの仕事は自分に向いていると思っています。

技術職なので最初は苦労しましたが、就職できて本当に良かったです。

せっかく就職するなら長く続けられる仕事がいいですよね。

あなたも自分に向いている職種を見極め、就職活動にチャレンジしてみてください。

きっと働き続けたいと思える会社に出会えると思います。

関連の記事:

就職支援サイトランキング!特徴と活用する方法もココでチェック

フリーターからでは就職しにくい職種

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターや既卒について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.