フリーターや既卒について

フリーターとフリーランスの違い

更新日:

フリーターとフリーランスの違い

最近よく聞く「フリーランス」という言葉。

フリーランスはフリーターと同じ、というようなイメージを持っている人ももしかしたらいるかもしれません。

確かにフリーターとフリーランスには共通点がありますが、明確な違いもあります。

今回はフリーターとフリーランスの違いについて考えていきます。

就職支援サイトランキング

フリーターとフリーランスの違いは雇用されているかどうか

フリーターはアルバイトで生計を立てている人のことを言います。

会社にアルバイトやパートという形で雇われていますので、条件をクリアすれば雇用保険など社会保険に加入することも可能です。

対して、フリーランスは自営業です。

自営業とは、誰かに雇われておらず、自分で商売をして生計を立てていることを指します。(自営業とフリーランスの違いは特になく、言い方を変えただけです。)

フリーターとフリーランスの違いを簡単にまとめると、雇われているかどうかということですね。

フリーランスは、雇われてはいないためフリーターより働き方も働く時間もかなり自由です。

ただし、フリーターと違い「職場に行けば必ず仕事がある」というものでもないので、生計をたてられるほど稼ぐのはかなり大変です。

また、どれだけ働いても雇われていないのでフリーランスは福利厚生とは無縁です。

社会保険もないため、国民健康保険か健康保険組合の保険に入ります。

雇用されていないため失業という概念もなく、雇用保険はありません。

法人化し従業員を雇った場合は、社会保険や雇用保険に加入する義務が発生するため、むしろ社員の保険料を支払う負担が増えたりします。

また、確定申告などの処理にも違いがあります。

フリーターはバイト先でやってもらえる時もありますが、フリーランスは自分でやらなければいけません。

フリーランスは自由な働き方がしやすく、成功すれば会社を作ったり大きく稼ぐことも可能な分、フリーターよりもさらに不安定で、手間が増え、リスクが大きいと言えます。

フリーターとフリーランスには共通点もある

フリーターとフリーランスには共通点もある

雇用に違いがあるフリーターとフリーランスですが、実は共通点もあります。

収入が安定しない

フリーランスの方がフリーターよりも収入が安定しにくいですが、毎月固定の給料が支払われるわけではなく、自分が働いた分だけしか入らないという点は一緒です。

フリーターの場合はシフトに入らなければお金を稼げません。

フリーランスの場合は仕事がなければお金を稼げません。

また、フリーターもフリーランスもボーナスはありません。

ただし、フリーランスの場合、フリーターと違い働き方や収入の発生の仕方の自由度が高いです。

ケガや病気になった時にはフリーターではどうしようもないですが、フリーランスならそういう時でも収入が発生するような働き方をすることもできます。

社会的信用度が低い

収入が安定しないことから、社会的信用度はフリーターもフリーランスも基本的には低いです。

したがって、クレジットカードの限度額は低くなりますし、自動車や住宅ローンも正社員に比べれば加入しにくいです。

ただし、フリーランスでも法人化していたり、何年もある程度の収入があることを証明できれば問題ありません。

フリーターの場合、何年続けても社会的信用度は低いままですので、その点フリーランスとは違いがあります。

確定申告は自分で

フリーターでも、バイトを掛け持ちしている場合、日雇いや短期のアルバイトしかしてこなかった場合などは、自分で確定申告をしなければいけません。

繰り返しになりますが、フリーランスは常に自分で確定申告をしなければいけません。

婚活で不利になる

フリーターとフリーランスは上記のようなことから、「フリーターとフリーランスは同じようなもの」と思っている人も少なからずいます。

結婚を考えている女性からすると、どちらも不安定なことには変わりないですからね。

そのため、特に婚活では不利になります。

しかし、フリーランスでもそれなりに稼いでいる人は当然います。

法人化して社長になる人もいるので、フリーランスでもうまくアピールができればフリーターよりは有利になることができるでしょう。

ただし、稼いでないフリーランスは、婚活女性にとってフリーターとなんら違いはないと思っておいた方が良さそうです。

安定や結婚を求めるなら就職するのが早い

安定や結婚を求めるなら就職するのが早い

フリーターとフリーランスは、雇用されている側とされていない側で大きな違いがでてきます。

しかし、フリーターもフリーランスも安定とは遠いという点では同じです。

フリーランスでも事業に成功して爆発的に稼げるようになればモテるかもしれませんが、それは並大抵の努力ではかないません。

「安定した収入を得たい!」

「社会的信用度を上げたい!」

「結婚したい!」

というのであれば、正社員で就職するのが一番簡単です。

最近では、収入が安定しやすくフリーランスの仕事もとりやすくなる、というメリットから、フリーランスでも一度就職して、仕事をもらうという形も多いようですよ。

フリーターの人もフリーランスの人も、正社員で就職することを1つの手段として、自分の将来のために賢く利用するのがいいのではないでしょうか。

関連の記事:

就職支援サイトランキング!特徴と活用する方法もココでチェック

フリーターから正社員になるメリット4つ。世間体も福利厚生も変わる

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターや既卒について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.