フリーターや既卒について

フリーターと契約社員の違い

更新日:

フリーターと契約社員の違い

雇用形態には、正社員、派遣社員、アルバイトのほかにも契約社員というものがあります。

フリーターから正社員への就職を目指していると、「まずは契約社員から」という会社がでてくることもあるでしょう。

今回は、契約社員の定義やメリット、デメリット、フリーターとの違いなどについてまとめました。

フリーターから就職する時、契約社員になるべきか、正社員としての就職先を探すかの判断に迷った時に参考にしてみてください。

就職支援サイトランキング

契約社員の定義

契約社員は一般に、有期雇用契約を結んだ社員のことです。

有期雇用契約とは、契約期間が決まっている雇用契約のことで、1ヶ月契約・3ヶ月契約・6ヶ月契約などがあります。

例えば3ヶ月契約であれば、だいたい就職してから2カ月後(契約が切れる1カ月前)に更新するかどうかを決めます。

会社・本人ともに更新の意思があれば、また3カ月契約期間延長。

更新の意思がなければ、契約期間終了とともに退職となります。

基本的に契約期間内の解雇や退職は、やむを得ない事情がない限り認められません。

平成25年4月の労働契約法の改正で、契約更新を繰り返し勤続5年をこえた契約社員は、無期労働契約に切り替えることができるようになりました。

無期労働契約にしても正社員と同じ扱いになるというわけではありません。

あくまで、契約期間がなくなるので突然解雇となる心配がなくなるということです。

フリーターと契約社員の違いは?

フリーターと契約社員の違いは?

契約期間というしばりがある分、正社員に比べれば不安定な契約社員。

しかし、フリーターに比べれば契約社員のほうがはるかにメリットが大きいと言えるでしょう。

フリーターと契約社員の違いは下記の4つです。

1. 正社員同様の福利厚生がある

福利厚生はフリーターと契約社員のもっとも大きな違いです。

多くの会社は契約社員であっても、正社員同様の福利厚生が受けられます。

社会保険や雇用保険はもちろん、有給休暇や産休、育休の取得も可能です。

大手企業であれば、健康診断の補助や住宅補助が受けれるところもあります。

2. フリーターに比べれば給料が安定する

基本的に契約社員も、フリーターと同じ時給制の場合が多いです。

しかし、働く日数や時間が契約時に約束されるため、フリーターよりは収入が安定します。

3. 昇給する機会がある

契約社員は定期的に契約更新のタイミングがあります。

大事なポジションを任されていたり、成果を残していれば、引き留めるためにも給料があがる可能性が高いです。

フリーターと違って自ら昇給交渉もしやすいので、実力さえあれば契約社員は比較的給料があがりやすいと言えるでしょう。

4. 職歴のアピール材料になる

フリーターでのアルバイト歴よりも、正社員と同じ環境で働く契約社員での経験のほうが、職歴をアピールする材料になります。

これは正社員に比べ管理職などの仕事を任されることが少ないとはいえ、実際にやる業務レベルは平社員と大差ないことが多いためです。

一見良さそうな契約社員には落とし穴も・・・

契約社員は雇用期間に期限があるという特徴から、正社員に比べれば責任を問われることが少ないです。

正社員と違い、異動や転勤、出向の義務がないのも契約社員のメリットですね。

正社員とフリーターの良いとこどりにも見える契約社員。

だからといって、簡単に契約社員を選ぶのも考え物です。

契約社員には落とし穴もあることも知っておいてください。

ボーナスや退職金がでないため、収入面ではあまり差がない

契約社員はボーナスや退職金がでないことがほとんどです。

そのため、収入面でのメリットはフリーターから就職してもあまり大きくありません。

契約が更新されない場合は職を失う

フリーターと同様、契約社員は契約期間が終了すれば簡単に解雇することができます。

そのため、契約社員や派遣社員で職を転々としてしまう人は少なくありません。

無期労働契約になると正社員へのチャンスを失うことも

同じ会社に5年働き続けて無期労働契約社員になっても、正社員になれるというわけではありません。

むしろ、無期契約社員として固定化されることで、会社側としても辞められる心配がなくなり、正社員になりにくくなってしまう可能性あがります。

フリーターから契約社員になるなら、その先に正社員が見える会社選びを

契約社員はフリーターと同じように、雇用が安定しません。

社会的信用はフリーターよりも高いですが、正社員よりは低いでしょう。

とはいえ、契約社員からであれば就職が比較的簡単という会社も多くあります。

わたしは、契約社員のデメリットを理解した上で、正社員への階段として契約社員になるなら、フリーターから契約社員になるのもアリだと思います。

契約社員で就職する時は、その先に正社員になれる制度がある会社を選ぶようにしましょう。

関連の記事:

フリーターは社会的信用が低い

フリーターと派遣社員の違い

フリーターとフリーランスの違い

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターや既卒について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.