フリーターや既卒について

フリーターとパートタイマーの違い

投稿日:

フリーターとパートタイマーの違い

アルバイトの求人を見ると、「パート募集」や「パートタイマー募集」と書かれていることがあります。

「パートタイマー」はなんとなく主婦のイメージがありますが、フリーターとは具体的にどう違うのでしょうか?

今回はフリーターとパートタイマーの違いについて調べてみました。

まだ就職支援サイト使ってないの?漫画でわかるフリーター就活

パートタイマーの定義

パートタイマーは短時間労働者のことで、パートタイム労働者ともいいます。

厚生労働省はこのパートタイマーを下記のように定義しています。

  • 1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者

つまり、正社員ではなく、限られた時間もしくは曜日だけ働く従業員ということです。

アルバイトに限ぎらず、契約社員などでもパートタイム労働法の対象となります。

ただ、世間一般のイメージではパートタイマーは、短時間のみ働く主婦をさす場合が多いようです。

また、年代は30代~50代の長期間雇用者のイメージが強いです。

そのため、求人で「パート大タイマー募集」とある場合は、短時間勤務で長期的に働いてくれる主婦を対象にしている場合が多いようです。

フリーターとパートタイマーの違い

フリーターとパートタイマーの違いとしては、年齢や勤務時間が大きな違いと言えそうです。

フリーターは厚生労働省の定義では15歳~34歳の若者を差すのに、パートタイマーに定義上の年齢制限はありません。

また、パートタイマーは一般的なイメージでも30~50歳くらいまでの主婦をさしています。

勤務時間については、フリーターはアルバイトで生計を立てているため、長時間働いている人がほとんどです。

対してパートタイマーは、定義でもあるように短時間労働者のことをさしています。

ただし、定義上は一つのアルバイト先では短時間勤務であっても、複数のバイト先に勤務することでアルバイトで生計を立てている15~34歳までの人は、パートタイマーでありフリーターであるといえます。

フリーターとパートタイマーの違いは勤務時間と主婦かどうか

パートタイマー定義は法律上の定義の上に、一般的なイメージが強く定着しているのでややこしいですね。

フリーターとパートタイマーかどうかは、雇用者側からみるか、自分から見るかでも変わってきます。

また会社によってもどこからフリーターもしくはパートタイマーとするかは若干変わってきそうです。

法律上での定義に、一般的に定着しているイメージを考慮すると、「勤務時間の長さ」と「主婦かどうか」が見極めるポイントとなりそうです。

関連の記事:

フリーターと派遣社員の違い

フリーターと正社員の違い

フリーターとニートの違い

フリーターと契約社員の違い

フリーターとフリーランスの違い



今読まれている記事

就職支援サイトランキング 1

フリーターから就職するために大きな力になってくれるのが就職支援サイトです。 インターネットで検索するだけでも、就職支援サイトはたくさんヒットすると思います。 でもありすぎて、どのサービスが自分に向いて ...

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 2

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

manga_cat 5

東京都近郊に特化した就職支援サイト 大阪や名古屋など全国対応の就職支援サイト 業界に特化した就職支援サイト ほかのことを知りたい方はトップページへ > 東京都近郊のフリーターに特化した就職支援サイト ...

-フリーターや既卒について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2018 AllRights Reserved.