仕事別の就職方法

フリーターからエステティシャンになる方法!デメリット・メリット、容姿・スタイルは?

更新日:

フリーターからエステティシャンになるには?

「エステティシャン」の仕事は、髪の毛以外のほぼ全身の美容を目的に施術を行う仕事です。

マッサージやフェイシャルケア・ムダ毛の処理などその業務は幅広く、最近はメンズエステもあるほど、男女問わずニーズの高い職種です。

人を綺麗にする仕事は憧れますよね。

経験をつめば自分で開業することも可能なので、夢のある仕事でもあります。

今回はフリーターからエステティシャンになることは可能なのか?というところから、ちょっとわかりにくいエステ業界の中身、どうやったらなれるのかなどを詳しく紹介します。

まだ就職支援サイト使ってないの?漫画でわかるフリーター就活

フリーターからエステティシャンとして就職することは可能?

まず、エステティシャンになるのに特別な資格は必要ありません。

学校や専門スクールに通わなくても、エステティックサロンに就職すればエステティシャンになることはできます。

就職支援サービスで探してみても「未経験歓迎」の会社は多く、敷居はそれほど高くないといえます。

もちろんフリーターから就職することも可能です。

ただ、人の肌に直接触れるので、技術力は求められます。

そのため、専門スクールで技術を学び就職したほうが「即戦力」として見られ、採用される可能性は高くなります。

給与も未経験スタートに比べて少し優遇されるので、もし貯金があるなど、金銭的にも余裕があるのであれば、まずはスクールに通うことをオススメします。

もちろん、未経験でも就職できる会社もあります。

そういった会社では入社後に研修がありますので、徐々にスキルアップさせていくことも可能です。

就職支援サービスなどで会社情報をよく聞いて、研修制度が整っている会社なのか確認すると良いでしょう。

ただし、エステティシャンは技術の世界です。

技術力がないと、指名につながらない、なかなかお給料が上がらない、ということもあるでしょう。

長く続けていきたいのであれば、自主的に勉強し、努力して技術を上げる必要があります。

エステティシャンのデメリット・メリット

エステティシャンのデメリット・メリット

デメリットは営業数字があること

エステティシャンの仕事のデメリットとして、単に技術だけが大事なのではなく「営業数字」が求められることが挙げられます。

エステ業界は「サービス業」です。

店によっては「ノルマ」も課せられるので、ただ施術するだけではなく、他の商品・サービスを売り込み、数字を上げていかなければならないのです。

ただ「エステがしたい」だけで就職するとかなり苦労する、という声も聞きます。

正直「数字を追う仕事は嫌だ」だという方には、オススメできない職業です。

逆に、もともと営業をした経験がある人には、前職の経験を活かせる職業だといえます。

メリットは美を追求できること

エステティシャンの仕事に就くと、自分自身を綺麗に保つことができます。

同僚の練習台となることもありますし、新商品が出たときには自分で試してみないとわかりません。

仕事をしながら自分自身がどんどん綺麗になるのは、この業界の一番のメリットと言えるでしょう。

美容に興味がある人にとっては、趣味を仕事にできるので非常にオススメです。

また最近は、メンズエステやブライダルエステなど、エステ業界のニーズが高まっていて、専門エステを開業する人も増えてきています。

あまり場所も取らないので、マンションの一室で開業したり、結婚後に副職として始めたりと、自宅開業する女性も増えています。

資金が必要にはなりますが、自宅でできるとなると事務所の家賃が不要となるので、費用を抑えて開業することができます。

確かな技術があれば、長く続けることのできる職業です。

学歴や資格は必要?年齢制限は?

学歴や資格は必要?年齢制限は?

先ほども述べたように、エステティシャンになるのに資格は必要ありません。

ただ、より詳しい知識や幅広い技術を身に付けたいのであれば、学校や専門スクールに通うことをオススメします。

もちろん学歴も必要ありません。

年齢制限もありませんが、若いほうが就職に有利ではあります。

エステティシャンの仕事は、かなりの体力が必要です。

一日に何人も施術するので、力もいりますし、立ちっぱなしの仕事です。

ですので、エステティシャンの仕事に興味を持っている人は、早い段階で挑戦することをオススメします。

また、エステサロンに就職したからといって、すぐに施術できるわけではありません。

お客様の肌に触れる仕事なので、きちんと研修を受け、下積みをしなければなりません。

例えば研修期間に、結婚や妊娠で退職となってしまうと、雇った側は非常に困ることになります。

そのため、結婚適齢期といわれる20代後半以降の方は避けられる可能性もあります。

もしも、その年代の方でエステティシャンになりたいと考えている方は、その可能性について面接時に触れておいたほうが後々のトラブルも避けることができるでしょう。

ただ、40代の方でもエステティシャンとして活躍している人はいっぱいいます。

年齢制限はありませんが、サロン側が求めていることを理解したうえで、面接時に自分自身をアピールしましょう。

どんな人が向いている?容姿やスタイルは重視されるの?

どんな人が向いている?容姿やスタイルは重視されるの?

結論からいうと、エステティシャンは下記のような方に向いている仕事といえます。

  • 20代の女性(未経験の場合)
  • 体力に自信のある方
  • 現在未婚でシフトの自由がきく方
  • 人と話すことが好きな方
  • 清潔感を意識できる方
  • 美や健康に興味のある方
  • ずっと綺麗でいたい方

繰り返しになりますが、エステティシャンの仕事は体力のいる仕事です。

ですので、就職の際にも若い女性が採用されやすい傾向にあります。

体力に自信がない、という方にはまずオススメできません。

また、サロンによって異なりますが、夜10時まで営業している店舗は多数あります。

サービス業なので、土日出勤、シフト制という会社がほとんどです。

ですので、時間に自由のきく、シングルの方に向いている仕事だといえます。

あと、営業力も必要なので、人と話すことが好きな人に向いている職業でしょう。

ちなみに容姿やスタイルですが、ある程度の清潔感やスタイルの良さは必要です。

例えば、担当のエステティシャンの身なりが不潔で、決して美しいとは言えない人だったらどんな印象を持ちますか?

細身エステをうたっているのに、スタイルの悪い人に施術されても説得力がないですよね?

そのような人が在籍していた場合、お客様も別のサロンへ行ってしまいます。

その為、募集要項などに「太っている人はNG」なんてことは書いていませんが、暗黙のルールとして、美や健康に気を使っている人が採用されます。

もちろん勤務するようになってからも、自分自身の美容に気を使っていないといけません。

美容に興味がある人にとっては、仕事をしながら綺麗になれるのでとてもオススメです。

お客様からも、憧れのまなざしで見られるので、常に綺麗でいたい方にはぴったりの職業です。

フリーターからの就職活動のポイント

フリーターからの就職活動のポイント

フリーターからエステティシャンになるには、就職支援サービスの利用がオススメです。

というのも、フリーターだとどうしてもアピールできる職歴が少ないため、転職組と採用枠を争うと不利になってしまうのです。

また、膨大な求人数から自分に合う会社や、採用される可能性のある会社を見つけることは簡単なことではありません。

そのため就職支援サービスを活用し、より自分の強み・経験を活かせる求人を見つけてもらい、担当者の推薦や、採用されるような書類や面接に足上げるためのサポートを受ける必要があります。

特に業界未経験の方ほど利用するメリットは大きいです。

エステティシャンになりたいなら、PASSEND(パッセンド)などの美容業界に特化した就職支援サービスを利用してください。

美容業界を熟知した担当者がサポートしてくれるため、わからないことは何でも聞けますし、フリーターからエステティシャンへ就職するためのコツも知っていますよ。

就職支援サービスに登録した後は担当者との面談となりますが、面談前に「自分自身がどのようなエステティシャンになりたいのか」は考えておきましょう。

「エステ」と一言でいっても、マッサージだけでなく、脱毛サロンやメンズエステなど、多岐にわたります。

サロンによって専門にしている施術内容が異なるので、紹介された求人はきちんと確認するようにしましょう。

履歴書や面接では美容に興味があることをアピール

就職支援サービスを利用すると、履歴書の書き方アドバイスや、模擬面接などもしてもらえます。

ここでは最低限おさえておくべきポイントのみ紹介します。

先述したように、美や健康に気を使っている人が採用されやすいので、履歴書は写真に気を使い、志望動機にも美容に興味があることをきちんと書いてアピールすると良いです。

また、面接時も、清潔感のあるメイク・服装で行ってください。

ネイルですが、お客様の肌に触れるので、一切禁止にしているサロンが多いです。

爪が長かったりネイルアートをしていたりすると、指摘されるかもしれないので、そこは注意しましょう。

まとめ

まとめ

エステティシャンは、フリーターからでも十分なれる職業です。

ただし一人前のエステティシャンになるには、技術だけでなく営業力、そして体力も必要です。

就職しても継続的な努力が必要になるでしょう。

しかし、間口が広い分、努力次第で夢を叶えることができる素敵な職業ともいえます、

迷われている方は、まずは就職支援サービスに相談してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】美容業界特化!PASSEND(パッセンド)の評判と口コミ



今読まれている記事

就職支援サイトランキング 1

フリーター・既卒に特化した就職支援サイトは、基本的に20代向けとなっています。30代、40代からの就職を目指す方はこちらの記事を参考にしてください。 ▼今すぐランキングをチェックする▼ 就職支援のプロ ...

真面目に人生設計を立てたいなら行動しよう 2

少子高齢化がすすみ、若手の人材不足が今問題となっています。 新卒で就職した人が3年以内に辞める割合が高いこともあり、フリーターであっても考え方が柔らかく成長の見込みのある20代を求める企業は少なくない ...

一生フリーターなら一生働き続けなければいけない 3

フリーターのまま30歳を過ぎてしまったから、就職は無理かもしれない。 この記事を今読んでいるあなたは、そう思っているかもしれません。 就職氷河期、リストラ、病気、ブラック企業に就職してしまって退職、就 ...

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 4

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

フリーターが逆転するには? 5

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 6

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

7

東京都近郊に特化した就職支援サイト 大阪や名古屋など全国対応の就職支援サイト 業界に特化した就職支援サイト ほかのことを知りたい方はトップページへ > 東京都近郊のフリーターに特化した就職支援サ ...

学歴や経験・スキルは必要? 8

将来が不安でフリーターから卒業したい・・・ 就職しないとダメだとわかっていてもなりたい職業がなくて、イマイチ踏み出せない・・・ 目標をもっている人をみるとあせる・・・ フリーターでなりたい職業もないと ...

-仕事別の就職方法

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2018 AllRights Reserved.