フリーターや既卒の就職について

フリーターからの就職は何歳までが限界?

更新日:

フリーターから就職するのは何歳までが限界なのでしょうか?

フリーターからの就職は何歳までが限界?

就職支援サイトランキング

フリーター就職の限界! ひとつ目のボーダーラインは?

就職が難しくなるという意味でいえば、ひとつ目のボーダーラインは27歳ではないでしょうか。

27歳以上になると、学校を卒業して就職した場合、会社経験もそれなりにある年齢になっているはずです。

実績を残したり、評価をもらうことができれば、役職を持つ人がでてきても不思議ではない世代となります。

大学を卒業した新卒の学生なら、5年以上同じ会社で働いていることになりますから、当然とも言えます。

そのため、フリーターからの就職にかかわらず、就職・転職の際には実績や経験が求められるようになりはじめ、シビアにチェックされる傾向が強くなります。

26歳までは経験、実績よりもやる気が重視されることも多いです。

職歴のないフリーターでも十分に就職するチャンスがあります。

フリーターからの就職を目指す人は、就職しやすいひとつのボーダーラインとして27歳までに就活を始めたほうがいいです。

もちろん、その年齢がフリーター就職の限界ではありませんが、重要なラインとなる年齢だと思います。

フリーター就職の限界! ふたつ目のボーダーラインは?

フリーター就職の限界! ふたつ目のボーダーラインは?

フリーターから就職のふたつ目のボーダーラインは40歳です。

実質的なフリーターからの就職の限界は、40歳くらいかと思います。

例え就職すること自体が不可能ではなくても、40歳を過ぎると就職するチャンスは圧倒的に減ってしまうのが現実です。

さらに、アルバイト先では若いフリーターの方が働けるのでクビになることもあります。

また、体にガタがきはじめ、「今までと同じ労働ができなくなった!」 というのはよく聞く話です。

そこから新しいアルバイトや就職先を探そうと思っても、当然若い年代が優遇されやすくなります。

条件の良いアルバイトに就くことさえ難しく、やっと働けたと思ったら自分より圧倒的に若い上司から怒られ、卑屈になっていく・・・

それなのに収入はどんどん減っていく・・・

今までは、いざという時には助けてくれていた両親も、定年退職で年金暮らしとなると自分達の生活で精一杯かもしれません。

そうなったら就活する気力さえ出ず、就職するのはかなり厳しくなるでしょう。

資格をとろうとチャレンジしても、よほど勉強でもしてきていない限り脳は衰えています。

新しいことを覚えるのは難しくなってくるかもれません。

空白期間を説明する理由としても、27歳までならまだしも、40歳を超えると説得力のある理由を用意するのが難しくなってきます。

どんな理由があろうとも、ここまでには就職を決めておきたいものです。

ですので、実質的なフリーターからの就職の限界は40歳と言えるでしょう。

27歳以上でも就職への希望を捨てる必要はない

27歳以上でも就職への希望を捨てる必要はない!

もちろん、27歳以上でも希望を捨てる必要は全くありません。

わたしみたいに、27歳以上でフリーターから就職できた人たちはたくさんいます。

ハローワークでは「若者応援宣言」という事業を行っていて、35歳未満を対象に採用活動を積極的に行っています。

就職支援サイトを活用すれば、フリーターでも就職できる企業を紹介してもらうことも可能です。

少なくとも、書類選考で落とされるということがないので、「就活に疲れた・・・どうしたらいいのかわからない・・・」 ということはありません。

仕事を過度に選ばず、就職への努力を惜しまなければ、27歳以上でも就職するチャンスはあります

フリーターから優良企業に就職したいならすぐに行動しよう

フリーターから優良企業に就職したいならすぐに行動しよう

しかし、年齢的チャンスがまだあるからといって、フリーターからの就職の限界といえる40歳まで「フリーターでいいや」とのんびり構えるのはオススメできません。

限界ではないとはいえ、年齢を重ねるほどフリーターから就職できる可能性は下がっていきます。

それに、その時まで健康体とは限らないのです。

さらに、就職先を選べるような状況ではなかったり、後がないことの焦りから、すさまじいブラック企業に就職してしまうことだって考えられます。

40歳でブラック企業に就職してしまったとしても、転職は難しいので、そこで我慢して働き続けるしかないでしょう。

そう考えると、40歳ギリギリで就職へ動きだすようなことはあまりにもリスクが高いです。

「鉄は熱いうちに打て!」という言葉があると思いますが、フリーターが就職するためには、「何歳までが限界?」と考えるよりも、早く行動することが大事です。

例えば、フリーターからやっと就職した先の会社があまり自分の希望通りではない、それどころかブラック企業だったとしましょう。

そうなってしまった時にも、就職する年齢が早ければ転職し巻き返すことができるのです。

就職しようと少しでも思ったなら、すぐ行動に移したほういいですよ。

もし、就職活動に不安があるなら就職支援サイトを活用してみてください。

あなたが20代で首都圏への就職を希望しているなら、20代のフリーター・既卒の就職支援実績が豊富なハタラクティブが良いでしょう。

その他の地域なら、いい就職.com が20代のフリーター・既卒に特化していて、求人の取り扱いが多いです。

営業職を希望するなら、就職前に基礎を身につけられるJAIC(ジェイック) がオススメですよ。

もし、あなたが30代なら、こちらの記事をチェックしてみてください。

フリーターからの就職が何歳までが限界かどうかを気にするよりも、とにかく行動に移す。

これが一生フリーターという事態から卒業し、自分に合う優良企業に就職するために、一番大切なことだと思います。

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターや既卒の就職について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.