フリーターや既卒の就職について

危機感がないフリーターは就職しなくてもいい

更新日:

危機感がないフリーターは就職しなくてもいい

フリーターでいることの危機感って、感じにくい人もいるんじゃないかなと思います。

わたしも20代前半までは、どっちかというと気楽なフリーター生活を望んでいました。

20代前半ってやっと学校からも自由になったばかりで、バイトして自活しているだけでも、社会人っぽい気がするというか。

正社員になった友達からも新卒苦労話ばかりだし、フリーターでよかったと思うこともあったんですよね。

そんな環境で周りから危機感持てとか、就職しろとか言われてもなかなかピンとこなくても仕方がないと思います。

まだ就職支援サイト使ってないの?漫画でわかるフリーター就活

危機感を持とうと思っても持てない時は持てない

そもそも危機感って誰かに言われて持てるものでもないですよね。

自分の実体験からか、自分がなんとなく不安を持っている時にまったく同じような道を歩んできた人がヒドイ将来を迎えた時に危機感として実感すると思うんです。

フリーターでもお金に困らない稼げてて、友達もおんなじような人ばっかりで楽しくて、バイト先も同年代ばっかりとかだったら危機感の持ちようもないですよね。

つまり、危機感を持とうにも持てない時は持てない。

20代前半ならそれはそれでまったく問題ないと思います。

20代前半は好きなことをやっていい

20代前半は好きなことをやっていい

20代はフリーターからでも就職しやすい年代です。

なので、20代前半のうちはやりたい仕事とか、興味がわく仕事を見つけるための経験をつむ期間として色々な仕事をするのが良いと思います。

就職しても良いし、アルバイトでも良いです。

たくさんのことを経験していけば、そのうちに勝手に「これをするためには就職しないといけないな」とか、「ああいう将来はむかえたくないな」と思う人に出会ったりとかして、勝手に危機感が生まれますよ。

とにかく色々な活動をしてみてください。

20代後半になったらとりあえず就職しておこう

20代後半になったらとりあえず就職しておこう

もし20代後半になっても「何の危機感もない」「やりたいこともない」というのであれば、とりあえず就職しておくことをオススメします。

これは後々の自分の選択肢を広げるためです。

もし、30代になってからやりたいことが見つかっても、職歴がなければ希望の仕事につくことはまず無理ですからね。

20代後半になると徐々にフリーターから就職へのハードルもあがっていきますから、とりあえずでも就職しておいた方が後々転職も簡単なんです。

就職してみてはじめて将来展望ができるということもありますしね。

20代前半はとにかく色々経験してみて、危機感がでてきたり、目的が見つかるまではフリーターでも何でもOKです。

20代後半になっても危機感がなければ、とりあえず就職して後々転職もできるように目的がみつかるまでの準備をしておきましょう。



今読まれている記事

就職支援サイトランキング 1

就職支援のプロが、対面やオンラインでイチから就職をサポートしてくれる就職支援サイト。 就職相談から求人紹介、履歴書対策、面接対策、条件交渉などをおこなってくれる頼りになるサービスです。 ただ自分で探す ...

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 2

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

5

東京都近郊に特化した就職支援サイト 大阪や名古屋など全国対応の就職支援サイト 業界に特化した就職支援サイト ほかのことを知りたい方はトップページへ > 東京都近郊のフリーターに特化した就職支援サ ...

-フリーターや既卒の就職について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2018 AllRights Reserved.