フリーターや既卒の就職について

なりたい職業がない人のための職業の選び方

更新日:

将来が不安でフリーターから卒業したい・・・

就職しないとダメだとわかっていてもなりたい職業がなくて、イマイチ踏み出せない・・・

目標をもっている人をみるとあせる・・・

なりたい職業がないフリーターはどうすればいい?

フリーターでなりたい職業もないと、どうしたらいいのかわからなくなりますよね。

でも、安心してください。

フリーターでなりたい職業がないからと不安に思ったり、焦る必要はありません。

就職支援サイトランキング

なりたい職業がないのは普通のこと

なりたい職業がないのは普通のこと

なりたい職業がある人って夢や目標があって、輝いて見えますよね。

キラキラした何かがでてるんじゃないかと思う人さえいます。

自分はなりたい職業がなんてないし、ましてや夢や目標もない。

目的もなくフリーターをしている・・・。

そんな状態だとなりたい職業のある人との間に大きな差を感じて、自分の何かが足りないんじゃないか?なりたい職業を見つけなければと焦ってしまいますよね。

でも、なりたい職業がある人ってそんなにたくさんいるでしょうか?

実は、フリーターになった理由を調べてみると、多くのフリーターの回答は「なんとなくフリーターになった」なんです。

つまり、特になりたい職業もやりたいこともないからフリーターになったという人の方が多くて、なりたい職業がある人の方が少数派

なりたい職業がないということは「普通」のことなんです。

わたしも、就職活動を始めたのはなりたい職業があったからじゃありません。

フリーターから就職しよう思ったのは、将来が不安でこのままフリーターではダメだと思ったからです

だから、とにかくどこでもいいから安定して、長く働ける職場ならいいなと思って就職活動を始めました。

それで、できれば自分に合っていればいいなと。

結局、就職支援サイトの担当者に適正診断をしてもらって、キャリアプランを相談して、ITエンジニアが一番自分に合っているかもと思ったから、この職業を選んだだけなんです。

だから、なりたい職業がないからといって自分を責める必要も、悩む必要もありません。

職業なんて消去法で決めたって良いんです。

なりたい自分からなりたい職業を考えるという方法

なりたい職業がなくてもいいけど、できれば長続きする仕事がいいなとか、自分にあった仕事がいいなとは思いますよね。

そんな時には、なりたい自分から職場を考えるという方法はどうでしょうか。

ベストとはいかなくても、これなら「何でもいいや」よりも後悔しない職業選びができるはずです。

安定して健康的な生活をおくりたい

なりたい自分からなりたい職業を考えるという方法

不安定フリーター生活からとにかく安定した生活をおくれるようになりたいなら、福利厚生がしっかりしている会社を選ぶことです。

創立して最低でも5年以上はたっていて、経営が安定している中小企業か大企業が良いでしょう。

残業代がしっかりでる会社を選べば、必然的に残業は少なくなるので健康的な生活が遅れる確率が高くなります。

また、将来的になくならない職業を選ぶこともポイントです。

フリーターから就職しやすい職業としては、一般事務、ルート営業の営業マン、警備員、不動産や旅行代理などの窓口業務、医療事務、宅建士、介護士などでしょう。

ちなみにボーナスがでなくても、基本給がそれなりに高ければ安定した生活は問題なくおくれます。

お金を稼いで贅沢な生活をしたい

お金を稼いで贅沢な生活をしたい

とりあえずお金を稼いで余裕のある生活をおくりたいなら、基本給が安くてもインセンティブのある職業やボーナスが期待できる職業、就業環境が厳しくても給料が高い職業にチャレンジしてみてもいいと思います。

お金を稼ぐなら会社の大きさにこだわらず、ベンチャー企業に挑戦してみるのも一つの手です。

ベンチャーならフリーターから就職しやすいですし、業績や実績次第で役職がついたり給料があがりやすいので、将来的に会社が大きくなった時にもトクをしやすいです。

仕事が大変だったり、失業するリスクはありますが、やりがいや達成感を感じやすく、フリーターから逆転することも夢ではありません。

フリーターから就職するなら職業としては、不動産やベンチャー企業の営業マン、プログラマー、タクシードライバーなどでしょう。

結婚したい

結婚したい

男性、女性で結婚相手に求める職業TOP5は下記の通りだそうです。

残念ながらフリーターでは厳しい職業もありますが、男性は女性に女性らしい職業を求め、女性は男性に安定していてできれば高給の職業を求める傾向があるようです。

女性が結婚したいと思う男性の職業

  1. 公務員
  2. 医師・医者
  3. 商社系
  4. 弁護士
  5. パイロット

フリーター男性が将来的に結婚したいなら、なるべく安定していて、長く勤めれば昇格の可能性がある職業に就職するのがいいと思います。

女性は結婚にはシビアになるので、特に安定した経済力があるかどうかが重要だからです。

大手や公務員だと印象が良いようですが、中小でも給料が安定していてボーナスがしっかりもらえる会社なら良いのではないでしょうか。

男性が結婚したいと思う女性の職業

  1. 看護師
  2. OL系
  3. 保育士
  4. 客室乗務員
  5. 公務員

2位に一般的なOL系が入っているところをみると、男性が結婚したいと思う時、女性の職業はあまり重要ではないように思います。

夜の仕事など言いにくい仕事をしていなければ、女性らしければいいなというイメージじゃないでしょうか。

しいていうなら、家庭のことに時間をとりやすい一般事務や、将来子どものことも考えて産休や育休などの福利厚生がとれる会社、結婚や出産後も働きやすい職業が良いかもしれません。

夢中になれることを見つけたい

夢中になれることを見つけたい

今はなりたい職業がないけど、いつかはなりたい職業につきたい、夢中になれることを見つけたいというなら、クリエイティブ系の職業を目指してみてもいいかもしれません。

いわゆる手に職系の職業は、いくつになっても仕事が続けやすく、極めることもなかなかできないため、夢中になって取り組むにはピッタリだと思います。

具体的には、デザイナーやプログラマー、編集者、ディレクター、ゲームクリエイター、アニメーター、イラストレーターなどがあります。

ただ、クリエイティブ系の職業は、就職には経験やスキルが求められるものがほとんどなので、まずは勉強の時間がとりやすい職業に就職して、社会人スクールや通信講座、独学などでスキルを磨き転職するのが良いと思います。

どれにもしぼれないという人は、なるべく職種に触れる機会のある広告やメディア系の仕事などにたずさわってみるというのも一つの方法です。

また、日頃から新しい場所へ行く習慣をつけて、様々なものに触れ合ってみる、様々な人にあって話を聞いてみるのもいいでしょう。

正社員経歴をつけておけば転職はしやすくなるので、良さそうな職種が見つかれば転職してみれば良いと思います。

親孝行がしたい

親孝行がしたい

特になりたい自分もないし、親孝行したいかなと思うなら給料がきちんと払われて、あなたが無理をせず働ける業種がいいかもしれません。

正直、フリーターから就職して「ちゃんと働いているよ」と伝えられることが一番の親孝行です。

健康的に働けて、初任給やボーナスが入った時には、何かプレゼントできるくらいの余裕があるお給料がもらえてれば十分じゃないでしょうか。

どれかしいて職種をあげるなら介護職だと、いざという時にも親をサポートできると思います。

なりたくない職業からしぼっていく方法

なりたくない職業からしぼっていく方法

なりたい職業がないなら、なりたくない職業をあげて消去法でしぼるという方法もアリです。

職業一覧はネットで検索すればでてくるので、印刷したりしてなりたくない仕事に線をひき消していきます。

残った仕事から興味がある仕事があれば、そこからさらに絞っていきましょう。

そして、フリーターからでも就職しやすい職種と照らし合わせて、就職できそうな職種を絞り込んでみてください。

一旦、就職する職業の候補として見えてくるものがあるのではないでしょうか。

とりあえず適正診断を受けてみるのがオススメ

とりあえず適正診断を受けてみるのがオススメ

どの方法で職業を考えるにしても、一度はわたしのように適正診断を受けてみるのがオススメです。

東京・神奈川・埼玉・千葉ならハタラクティブ、大阪やその他の地域なら就職Shopなどのフリーター專門の就職支援サイトなら適正診断だけでなく、キャリアコンサルタントに今の悩みを相談したり、キャリアプランを一緒に考えてもらうこともできますよ。

これでなりたい職業がなくても、自分に合う職業はわかります。

自分にあった職業が見つかれば、少なくとも就職で失敗することは少なくなります。

将来を考えれば、なりたい職業がなくても、どこかへ就職しなくちゃいけません。

そんな時でもベストな選択がしやすいはずです。

とりあえず就職してみて、なりたい職業が見つかったら転職すれば良いんです。

若いほどやり直しはいくらでもききます。

何かしら正社員としての実務経験があれば、フリーターよりは転職は断然簡単になります。

例えなりたいと思うほどの職業でなくても、「自分に合ってるかも」と思えるところに就職すれば大丈夫です。

まずは一歩進むこと。

そこから少しづつ人生が変わっていくと思います。

関連の記事:

就職支援サイトランキング!特徴と活用する方法もココでチェック

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターや既卒の就職について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.