フリーターの現実は厳しい

フリーターからの就職はなかなか決まらない。そんな時は「どうしたら?」で解決!

更新日:

フリーターでなかなか就職が決まらず、悩んでいる人は多いと思います。

わたしもそのひとりでした。

フリーターからの就職はなかなか決まらない

しかし、就職がなかなか決まらないからといって、諦めませんでした。

このままフリーターでも、どうにもならないことはわかっていたからです。

結果的に、就職活動には1年以上費やしましたが、今は正社員で働けています。

まだ就職支援サイト使ってないの?漫画でわかるフリーター就活

1年間就職活動を続けても就職が決まらないことは普通

フリーターや既卒の人から色々話を聞いてみると、就職活動を1年以上続けていても、就職が決まらないという人は少なくないようです。

なかには2〜3ヶ月で就職が決まった人もいるようですが、そういった人は就職支援を受けていた場合がほとんどでした。

どのくらいで就職が決まるかは、どれくらい努力したかや就職活動を始めた時期にもよると思います。

しかし、断言出来るのは、新卒や社会人経験のある人に比べれば、既卒やフリーターからの就職は決まりづらいということです。

なぜならフリーターを続けていたという事実から、

  • 就職から逃げていた
  • 責任感がない
  • 何か問題があるのかも

といったイメージをどうしても採用担当者にもたれてしまうからです。

フリーターからの就職は年をとるほど決まらない

フリーターからの就職は年をとるほど決まらない

フリーターというだけで、ただでも就職が決まりづらくなるわけですが、これは年をとるほどひどくなります。

特に29歳と30歳では差が大きく、実際には1年しか違いがないのに、圧倒的に就職できる会社が減ってしまいます。

未経験OK企業の多くは、求人には書いていなくても、内々で30歳までを対象としているところが多いんです。

他にも大手企業や、若い人のキャリアを育てていきたい企業なども、30歳を区切りとしているケースは珍しくありません。

そのため、まず書類選考に通りにくくなります。

空白期間もどんどん長くなるので、採用担当者が納得する説明も難しくなり、余計に就職が決まらないという悪循環になってしまうんです。

就職活動について調べている時、その事実を知ってわたしはめちゃくちゃ焦りました。

その時、28歳だったからです。

ですが、1年間就職活動をし続けても書類選考で落とされ、運よく面接までいっても落とされ続け、まったく就職できませんでした。

諦めかけた頃に、既卒・フリーターにも専門の就職支援サイトがあることを知り、就職が決まったわけです。

就職支援サイトのサポートがなければ、わたしもフリーターのまま30歳を迎えていたかもしれません。

就職が決まらなかった時には?

就職が決まらなかった時には?

就職が決まらない時には、就職が決まらないことに悩み続けるのではなく、「どうしたら就職が決まるようになるのか?」を考えることが大切です。

就職が決まらない原因を探そうとすると、どうしてもフリーターだからいけないとか経験がないとか、見つかりまくって対処できないですし、それどころか落ち込んで「やっぱり就職なんて決まるわけない・・・」と自分で結論づけてしまうのがオチです。

それよりも「どうしたら就職が決まるのか?」と、次の行動へとつながる問いかけを自分にしましょう。

次にするべき行動がおのずと見えてくるはずです。

答えは、自己分析を深めたり、自己PRの精度をあげる、模擬面接を繰り返し練習するなど、色々あると思います。

いっそ、就職活動の方法を変えてみるのも手です。

例えば、今まで求人サイトで自力で就職活動をしていた人は就職支援を受けてみる。

合同企業説明会や就職フェアのようなイベントに参加してみる。

ハローワークで就職活動をしていた人は、民間の就職支援サイトを利用してみる、などです。

就職活動の方法を変えてみれば気分転換にもなりますし、自分に合う担当者が見つかったり、良い方法が見つかるかもしれません。

就職が決まらない時こそ、すぐに次の行動を

就職が決まらなかった時、当然ですが落ち込みますよね。

面接まで進んでいればなおさらです。

でも、先ほどもお話した通り、フリーターから就職がなかなか決まらないなんてことは普通です。

だからこそ、就職が決まらない時には落ち込みすぎず、決まらなかった会社には縁がなかったんだと割り切りましょう。

就職が決まらない時こそ、すぐに次の行動を

気持ちを切り替え、次の行動にうつせるかどうかで、その後就職できるかが決まってくると思います。

もし、あなたがまだ自力で就職活動を続けていて、就職が決まらないことに悩んでいるのなら、就職支援サイトを利用してみてください。

わたしは、自力で就職活動をしても1年以上就職が決まらなかったわけですが、就職支援サイトを利用してからはわずか1ヶ月半ほどで就職を決めることができました。

就職できたのは、アルバイトを辞めて集中して取り組んだということもありますが、一番の理由は就職のプロによるサポートがあったのが大きいと思います。

なにせ、不採用になってしまったときにも励ましてくれる上に、今後の対策を一緒に考えてくれますからね。

20代のフリーターや既卒であれば首都圏ならハタラクティブ、関西やその他の地域なら就職Shopがオススメですよ。

就職が決まらない時こそふんばって、次の一歩を踏み出せれば、あなたが就職できる日も遠くないはずです。

関連の記事:

口コミからわかる人気の就職支援サイトランキング!特徴・活用方法も網羅

フリーターの末路について考えてみた…

25歳を超えたフリーターからの就職体験談



今読まれている記事

就職支援サイトランキング 1

どの就職サイトが自分に向いているんだろう? いろいろあるけど、就職支援サイトごとの違いはなに? ぶっちゃけどのサービスが一番口コミ評判がいいの? 自分で探すにもいろいろな就職支援サイトがあり、口コミ評 ...

真面目に人生設計を立てたいなら行動しよう 2

少子高齢化がすすみ、若手の人材不足が今問題となっています。 新卒で就職した人が3年以内に辞める割合が高いこともあり、フリーターであっても考え方が柔らかく成長の見込みのある20代を求める企業は少なくない ...

それはわたしが人生への小さな不安や不満を、いくつも抱えていたからです。 3

30代からの就職活動、どうすすめていけばいいんだろう? フリーターのまま30歳を過ぎてしまったけど就職はできるの? アピールできる職歴がない、一生このままフリーターで働き続けるのか この記事はそんな方 ...

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 4

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

フリーターが逆転するには? 5

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

首都圏の正社員求人を探すなら 6

フリーターから就職する時「どこで就職するか?」は、人生を大きく左右します。 今回はおもに地方から東京で就職を考えているフリーターの方向けに記事を書いていきます。 具体的には下記3つについて答えを書きま ...

7

フリーターに特化した就職支援サイト比較一覧 ※スマホでは横にスクロールできます サイト名 対象者 求人の職種や業界 紹介可能求人エリア 求人数 特徴 詳細 ハタラクティブ 18歳~29歳 全般 東京/ ...

【豆知識】掛け持ち時の社会保険と確定申告について 8

将来が不安でフリーターから卒業したい・・・ 就職しないとダメだとわかっていてもなりたい職業がなくて、イマイチ踏み出せない・・・ 目標をもっている人をみるとあせる・・・ フリーターでなりたい職業もないと ...

-フリーターの現実は厳しい

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2018 AllRights Reserved.