フリーターの現実は厳しい

フリーターが扶養家族に入れる条件

更新日:

フリーターが扶養家族に入れる条件

以前、健康保険に入る時、収入が少ない実家暮らしのフリーターなら扶養家族に入る方法もあると書きました。

でも、残念ですが、どんなフリーターでも扶養家族に入れるわけではありません

今回は扶養に入る時、条件や注意すべき点があるので、その辺について詳しく書いていこうと思います。

就職支援サイトランキング

扶養家族(ふようかぞく)とは?

そもそも「扶養家族」がなんのことを言ってるのかわかりづらいですよね。

扶養家族とは収入が少なかったり、働いてないために、助けてもらう必要がある家族のことです。

正社員の人に扶養家族がいる場合、税金がその分控除されたり、特典を受けることができます

例えば、あなたのお父さんが、会社で健康保険に加入しているとします。

その場合あなたが扶養家族の条件を満たせば、あなたの分の健康保険料は払わずに、「お父さんの扶養に入る」という形で、健康保険に加入することができるのです。

つまり、普通なら自分で健康保険料を払って国民健康保険に加入しなければいけないところを、無料で社会保険に加入できるということになります。

扶養家族になる人を「被扶養者(ひふようしゃ)」といいます。

被扶養者の条件

健康保険の扶養に入るための条件を見ていきましょう。

健康保険の被扶養者になるための条件は、下記のように定められています。

被扶養者の範囲

被保険者と同居している必要がない者

  • 配偶者
  • 子、孫および弟妹
  • 父母、祖父母などの直系尊属

被保険者と同居していることが必要な者

  • 上記1.以外の3親等内の親族(兄姉、伯叔父母、甥姪とその配偶者など)
  • 内縁関係の配偶者の父母および子(当該配偶者の死後、引き続き同居する場合を含む)

引用:日本年金機構

まず同居しているかどうかが条件になります。

親子関係であれば同居していなくても問題ありませんが、兄弟関係などは同居している必要があります。

収入の条件

そして収入の条件です。

被扶養者の範囲をクリアしていて、収入の条件もクリアしていれば被扶養者になれる、ということになります。

年間収入130万円未満(60歳以上又は障害者の場合は、年間収入※180万円未満)かつ

  • 同居の場合 収入が扶養者(被保険者)の収入の半分未満(*)
  • 別居の場合 収入が扶養者(被保険者)からの仕送り額未満

※年間収入とは、過去における収入のことではなく、被扶養者に該当する時点及び認定された日以降の年間の見込み収入額のことをいいます。(給与所得等の収入がある場合、月額108,333円以下。雇用保険等の受給者の場合、日額3,611円以下であること。)

また、被扶養者の収入には、雇用保険の失業等給付、公的年金、健康保険の傷病手当金や出産手当金も含まれますので、ご注意願います。

(*)収入が扶養者(被保険者)の収入の半分以上の場合であっても、扶養者(被保険者)の年間収入を上回らないときで、日本年金機構がその世帯の生計の状況を総合的に勘案して、扶養者(被保険者)がその世帯の生計維持の中心的役割を果たしていると認めるときは被扶養者となることがあります。

引用:日本年金機構

親と同居している場合

つまり、あなたが親と同居していて、親の扶養に入るには、自分の年収が130万円未満で、さらに親(例えば父)の収入の半分未満でないといけない、ということです。

でも、※印にあるように、年収が親の収入の半分をこえても、自分の年収が130万円未満であれば、被扶養者になれる時もあるそうです。
ややこしいですね・・・。

親と別居している場合

では、親と別居の場合の収入条件はというと、自分の年収が130万円未満で、さらに実家からの仕送り額より年収が下回ってないといけません

フリーターが扶養家族に入れない場合とは?

フリーターが扶養家族に入れない場合はこの被扶養者になる条件に当てはまってない人。

下記のような人になります。

  • 年間収入が130万円以上
  • 年間収入が130万円未満でも、親と別居していて仕送り額が年収以下

「自立できるほど稼いでるなら扶養には入れませんよ」ということですね。

わからない時はとりあえず申請してみよう

扶養家族になるための条件がよくわからない人は、とりあえず申請してみるのが早いですよ。

入れなかったら入れなかったで何もないので。

ちなみに親が国民健康保険に加入している場合は、扶養家族という概念自体がありません。

そもそも世帯ごとの加入となるからです。

健康保険代って1万円くらいにはなるし、フリーターにとって自分で払うのは、地味に負担ですよね・・・。

収入が130万円を少しこえているくらいなら、いっそ実家に帰って少しシフトを減らすのも手でしょう。

ただし、アルバイト先の社会保険に入れるのであれば、扶養に入るより、そちらのほうがメリットが大きい場合もあります。

傷病手当金などの給付がしっかり受けられるなどのメリットがあるからです。

今後、自分で自立していくことを考えるのであれば、アルバイト先の社会保険に入ったほうが結果的にいいかもしれませんね。

関連の記事:

フリーターは雇用保険に加入できない?加入できる社会保険まとめ

フリーターから正社員になるメリット4つ。世間体も福利厚生も変わる

長い目で見ればフリーターが損をする6つの理由

フリーターの末路について考えてみた…

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターの現実は厳しい

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.