フリーターの現実は厳しい

フリーターでも車は維持できる?

更新日:

フリーターでも車は維持できる?

買い物に行くときや旅行のとき、デートのときなど車が欲しくなる場面ってありますよね。

地方に住んでいれば足として必要不可欠ですし、単純に車が好きという人もいると思います。

あなたは車に年間でいくらの維持費がかかるかを知っていますか?

フリーターで車を買うのであれば、現在の収入から維持費を払い続けられるのかどうかを把握しておく必要があります。

就職支援サイトランキング

フリーターでも車は買える?

まず、車を買うところから考えてみましょう。

フリーターであってもお金があればもちろん車を買うことができます。

中古のどんな車でも良いのであれば、5万円から買うことができる車もあるので、フリーターでも車を買うこと自体は難しくないでしょう。

ただし、フリーターの場合ローンが組みにくいため、高い車を買うのは難しいです。

勤続年数が高く収入がそこそこあるフリーターなら、保証人をつければとおるローンもあるようですが、それでも少額のローンとなります。

毎月の支払いの負担を考えると、ローンを組むより貯金してから買うようにした方がフリーターの場合得策だと思います。

フリーターでも車の維持はできる?

フリーターでも車の維持はできる?

車を維持するには車検代、保険料、駐車場代、ガソリン代、税金、消耗品代など、さまざまなところにお金がかかります。

フリーターが乗る可能性のある車は大きくわけて、普通自動車か軽自動車になりますので、それぞれ年間でどのくらいの維持費がかかるのか見ていきましょう。

なお、普通車は2000ccクラスとして計算しています。

車検代

車を維持するためには、2年に一度は車検に通さなければいけません。

この車検代はだいたい、2年で軽自動車なら8万円、普通自動車なら12万円かかります。

よって1年あたりに換算すると下記のようになりますね。

ちなみに車検が切れると、乗ることができません。

  • 軽自動車:約4万円
  • 普通自動車:約6万円

保険料

保険にはかならず入らなければいけない「自賠責保険」と任意で入る「任意保険」があります。

もしものときも考えると、任意保険にも入っておきたいところです。

自賠責保険

  • 軽自動車:約1万円
  • 普通自動車:約1.2万円

任意保険

  • 軽自動車:約5万円
  • 普通自動車:約7万円

ガソリン代

燃費10kmの車で月400km走るとしましょう。

ガソリン代が130円/1Lなら毎月約5千円かかります。

  • 軽自動車・普通自動車:約6万円

駐車場代

ひとり暮らしなどで駐車場がなければ、車をおく駐車場を借りる必要があります。

月で約1万円かかりるので年間になおすと12万円です。

  • 軽自動車・普通自動車:約12万円

税金

車の維持にかかる税金は毎年かかる「自動車税」と2年に1回の車検時にかかる「重量税」があります。

自動車税

  • 軽自動車:約0.7万円
  • 普通自動車:約4万円

重量税(1年あたり)

  • 軽自動車:約0.6万円
  • 普通自動車:約3万円

消耗品代

車の維持には定期的に買い替えが必要な部品もあります。

具体的にはタイヤやワイパー、オイルの交換などにかかる費用がかかってきます。

  • 軽自動車:約3万円
  • 普通自動車:約5万円

維持費の安い軽自動車でも年間約32万円

以上の年間でかかる維持費を表にまとめてみました。

  軽自動車 普通自動車
車検代 ¥40,000 ¥60,000
自賠責保険料 ¥10,000 ¥12,000
任意保険料 ¥50,000 ¥70,000
ガソリン代 ¥60,000 ¥60,000
駐車場代 ¥120,000 ¥120,000
自動車税 ¥7,000 ¥40,000
重量税 ¥6,000 ¥30,000
消耗品代 ¥30,000 ¥50,000
年間維持費(合計) ¥323,000 ¥442,000

軽自動車でも年間323,000円、普通自動車なら年間442,000円もの維持費がかかることがわかりました。

ということは月に換算すると、軽自動車の場合で約3万円弱のお金を、車のためにとっておかなければいけないということになります。

これに車のローンも加わったとしたら・・・。

フリーターで払い続けていくのかかなり厳しいのではないでしょうか?

月15万円の収入があっても、生活ができるギリギリのラインになると思います。

フリーターは就職したほうが車を買う近道になる

このように車は購入時より、維持するお金の方がかかるものです。

フリーターで車を買っても、この維持費を払い続けられないために、車を手放すことになった人もいます。

フリーターでも車を買うことはできますが、車を維持しようと思ったら、安定的な収入は必要不可欠でしょう。

わたしは車を買うなら、フリーターは就職してからをオススメします。

フリーターのまま無理して車を維持するよりは、就職して安定した収入を得られるようになってから車を買ったほうが楽です。

それに、ローンも組みやすくなるため車選びの選択肢も広がります。

車を買って維持したいフリーターは、就職するのが一番の近道かもしれませんよ。

関連の記事:

フリーターから正社員になるメリット4つ。世間体も福利厚生も変わる

フリーターが就職しようと思う主なきっかけ

フリーターでバイトを掛け持ちするなら就職した方がいい

フリーターをしながらでも出来る副業

フリーターの末路について考えてみた…

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターの現実は厳しい

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.