フリーターの現実は厳しい

フリーターは気楽か?一度は考えて欲しいフリーターのリスク

更新日:

突然ですが、わたしは、フリーターを結局4年以上続けていました。

だらだらとフリーターを続けていた理由は、フリーターで過ごす毎日が気楽で悪くないと思っていたからです。

フリーターは気楽か?一度は考えて欲しいフリーターのリスク

でも、フリーターから就職をする時に自分の人生を考えるきっかけがあり、正社員になっていろいろなことを知るようになって、将来を考えればフリーターは気楽じゃないと気づきました。

この記事は、フリーターは気楽だからとなんとなく続けている方に、一度立ち止まって将来のことを考えてみて欲しいと思って書くことにしました。

面白くないかもしれませんが、わたしの実体験を知ってもらって、何かあなたが将来について考えるきっかけになれば嬉しいなと思います。

就職支援サイトランキング

20代前半まではフリーターの毎日が気楽だった

わたしがフリーターになったのは、24歳の時です。

大学時代に内定がとれず、卒業してからは2年間ニートでした。

当時ニートから卒業した時は、とてもいきなり就職なんて考えられなかったし、アルバイトをしてフリーターになれただけでも自分を褒めてあげたいくらいでした。

しばらくするとバイトの仕事も覚えて、フリーターになってから2年くらいは、毎日気楽なもんでした。

20代前半まではフリーターの毎日が気楽だった

バイト生活に慣れてからは仕事へのプレッシャーを感じるようなことは少なかったし、嫌になったらいつでも辞められる。

バイト仲間には年が近い人も多かったので、コミュ障なりに友達もできました。

たまに社員にバカにされることもありましたが、ニュースになっているような、ブラック企業のパワハラや暴力というほどのことはなかったです。

フリーターだと苦しくなりがちな収入面も、その時は実家暮らしだったので全然不満がありませんでした。

むしろ、平日昼間から外出して、暑そうなスーツを着たサラリーマンを見て、優越感を感じることがあったくらいです。

「就職しなくてよかった~」

「フリーターは気楽だし、自分にはこの働き方があってるのかもしれない」

一時は本当にそう思っていました。

でも、わたしがフリーターは気楽だと感じていたのは、20代前半まで。

SNSでフリーターの自分と、就職した大学時代の知人との差を感じてから少しずつ不安を感じるようになりました。

それまでは友人との間の差を気にすることもなかったし、むしろ「フリーターの方が楽しい生活ができてる」とか思っていたのに、25歳あたりを区切りにそう思えなくなったんです。

それからフリーターの末路や自分の将来について考えるようになりました。

気楽を優先させるなら諦めなきゃいけないことがある

自分がフリーターのままだったら?

将来を考えるようになって、わかったことがあります。

それは、仕事へのプレッシャーを感じず気楽に暮らしたいのであれば、代償として諦めなきゃいけないことがある、ということです。

将来をちゃんと考えた時、わたしもSNSで見た就職した友人のように、普通に好きな人と結婚してマイホームを持ち、子どもがいて家族で人並みに幸せに暮らしていきたいと思いました。

気楽を優先させるなら諦めなきゃいけないことがある

でも、気楽なフリーターを続けるのであれば、将来的に結婚をすることや家を買うこと、子どもを育てることも諦めなきゃいけないかもしれないと思いました。

フリーターの自分と結婚してくれる人がいるとは思えなかったし、子どもを育てられるお金をかせげる自信がない。

フリーターでは住宅ローンを組むことも難しい。

さらに、いつかは欲しい車ももてないし、フリーターには定年がないから老後の楽しみなんてものも望めない。

もし、結婚できて子どもができたとしても、苦労することは目にみえてました。

わたしは物欲がなく、お金を使うほうではないので、贅沢な生活は求めていません。

でも、結婚と子育ては諦めたくはありませんでした。

ニュースで見る度、孤独死も嫌だと思いました。

フリーターで老後の親のサポートができるのか?

フリーターのまま気楽な毎日をおくりたいなら、もう一つ考えなければいけないことがあります。

それは、親の問題です。

親が元気なうちは多少「親不孝だ」とか、小言を言われるくらいです。

でも、もし、親が働けなくなったら?

介護が必要になったら?

フリーターで老後の親のサポートができるのか?

事故で急に死んだりでもしない限り、確実にその時はおとずれます。

わたしには兄弟がいないので、親の面倒が見れるのはわたしだけです。

親は老後には厚生年金をもらえると思いますが、それでも余裕のある暮らしではないと思います。

介護や入院となったら、お金が足りなくなっても不思議ではありません。

その時、フリーターのわたしは、親のサポートができる経済状態なのか?

フリーターでは給料が上がること自体少ないので、きっと自分の生活費の分くらいしか稼げてないと思います。

しかも、介護に専念しなきゃいけないことになったらバイトを辞めなければいけません。

アルバイトでは福利厚生もないので、辞めてもただ収入がなくなるだけです。

わたしにはフリーター生活を続けて、いざというときに親をサポートできる自信はありませんでした。

フリーターの方が気楽だと思うならリスクをわかった上で

確かにフリーターは気楽な時期もあります。

しかし、わたしは年々将来のことを考えていくと、気楽なんてもんじゃなくなってきました。

「自分の将来におこりうることはよくわかっている。それでもフリーターが気楽で良い」

そういう人はフリーターのままで良いと思います。

税金とか納めるべきものを納めていれば、社会人としての義務は果たしているし、誰に文句を言われようが気にする必要はありません。

でも、フリーターのまま歳をとった先におこるかもしれないリスクがよくわかってない状態で、気楽だからとフリーターを続けているなら、それはとても怖いことです。

あなたにも、一度自分の将来について考えてみて欲しいと思います。

関連の記事:

フリーターから正社員になるメリット4つ。世間体も福利厚生も変わる

フリーターから正社員へ就職する方法

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターの現実は厳しい

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.