フリーターの現実は厳しい

フリーターで働きすぎても損 “働きすぎ”が及ぼす悪影響とは

更新日:

フリーターで働きすぎても損をするだけ

「長時間労働で自殺」というニュース、最近目にすることが多いですよね。

自殺までいかないとしても、“働きすぎ”は確実にあなたに悪影響をおよぼします。

そして、この働きすぎの問題は正社員だけの問題ではありません。

フリーターであっても働きすぎる可能性があります。

さらに、フリーターで働きすぎてもトクなことなどなく、それどころか過労死につながることさえあるのです。

就職支援サイトランキング

“働きすぎ”が及ぼす悪影響とは?

働きすぎるということは、その分プライベートな時間がなくなるということです。

なかには仕事をしている時間や職場にいる時間のほうが、1日にしめる割合が多いというフリーターもいるようですね。

そのような状態になってしまうと、ストレスを発散したり、疲労を回復するタイミングをとるのが難しくなっていきます。

睡眠時間は必然的に短くなり、十分な食事をとる時間もなくなっていきます。

十分な睡眠や栄養がとれなくなると、身体に様々な悪影響がでてきます。

まず、集中力がなくなり、ミスをしやすくなります。

建築現場や工場などで働いているフリーターにとっては、これが命とりになることもあるでしょう。

さらに、身体的疲労で目がかすんだり、貧血になったり、頭痛がしたり、急な高熱がでたり、倒れてしまう人もいます。

このような状態になっても、身体の不調に耳をかたむけず、それでも働き続けた人が過労死につながってしまうのです。

働きすぎは精神的にも悪影響をおよぼします。

適度なストレス発散や、十分な休養をとれず、職場環境も最悪だった場合、うつ病となり自殺へとつながってしまう人もいるのです。

フリーターは自分で制御しないと働きすぎる

フリーターは自分で制御しないと働きすぎる

フリーターは非正規雇用です。

バイトをいくつして、どれだけ働くかはフリーターの自由です。

そのため、フリーターは自分で制御しないと働きすぎてしまう可能性があります。

特に、アルバイトを掛け持ちしているフリーターは注意が必要です。

生活費を稼ぐためにと思ってアルバイトを2つ、3つと掛け持ちしているうちに、月の労働時間が200時間になってしまったというフリーターも少なくありません。

さらに、あなたの職場がブラックバイトだったら、人が足りないという理由で、無茶なシフトを無理やりいれられることもあります。

フリーターを長時間労働させても、正社員にくらべ問題が表にでることが少ないので、会社も都合よくシフトを組んできます。

悲しいのは、正社員と同じ時間働いていたとしても、正社員のほうが給料が高くなるという現象です。

正社員のほうが時間あたりの給料が高いため、同じ時間働くくらいなら正社員のほうがトクなんです。

正社員も働きすぎるんじゃないの?

正社員も働きすぎるんじゃないの?

ニュースに取り上げられる過労死や長時間労働などの話題は正社員のものが多いので、働きすぎるのが嫌でフリーターを選んでいるという人もいると思います。

確かに正社員で働く一部の人に、異常な時間働きすぎている人がいるのは事実です。

フリーターに比べ辞めずらいと感じる正社員は、こういった異常事態でも辞めることを躊躇(ちゅうちょ)してしまうのかもしれません。

しかし、ここまでの長時間労働を強いる会社はあくまで一部の企業です。

就職先選びの時に、こういったブラック企業を避けて就職すれば良い話なんです。

実際、正社員の月の残業時間は30時間程度です。

月の労働時間も、180時間程度とフリーターとあまり変わりません。

フリーターの平均労働時間は何時間?

それに最近は、長時間労働や残業にたいする世間の目はかなり厳しいものになっています。

社員を働きすぎにさせていることがバレると企業側も不利なので、残業や長時間労働に気をつけている会社は多いんです。

わたしのいる会社でも、基本的には定時退社を推薦しています。

仕事で残っていたとしても21時になると自動消灯ですし、「ノー残業デー」という絶対に残業してはいけない日が毎週水曜日にもうけられています。

残業をしてもらっても残業代を払わなければいけない企業は、社員がなるべく働きすぎないように対策をとっているんです。

ただし、長時間労働を強いるブラック企業や残業代ゼロという会社は別です。

こういったブラック企業には就職しないように会社選びをする必要があります。

業界によっても、残業があるなしは変わってくるので、就職コンサルタントに相談しながら会社選びをすすめていくのが良いですよ。

就職後は働きすぎない会社選びを

就職後は働きすぎない会社選びを

「働きすぎている」と感じているフリーターは、そこまでアルバイトをする必要があるのかを一度考えたほうが良いかもしれません。

働きすぎると判断能力もにぶるので、一度丸1日休みをとりましょう。

必要以上に働きすぎている場合は、病気になる前にシフトを減らしたり、仕事を変えることを検討してみてください。

フリーターで働きすぎても損しますよ。

どれだけ働いてもキャリアにはならないし、例え働きすぎで病気になっても、フリーターでは労災などの保険はまず認められないですから。

「働きすぎなくらい働かないと生活費が稼げない」というフリーターは、今すぐにでも就職するべきです。

就職したら、フリーターと正社員であまりにも収入の差がでることに驚くと思いますよ。

就職したら「労働時間が減って、収入が増えた!」という元フリーターも珍しくないですからね。

関連の記事:20代なら簡単?!フリーターから正社員へ就職する方法

職歴なしでも諦めない。30歳を過ぎても就職する方法

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-フリーターの現実は厳しい

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.