人事担当者に聞いてきた本音暴露

リストラ後の就職で有利になることって何?

更新日:

最近のニュースでは、昔からある大企業のリストラの話題をよく聞くようになりましたね。

リストラ後の就職で有利になることって何?

あんなに有名な企業だったシャープが、大量にリストラされて別の会社に買収されるような時代です。

今のところわたしの会社は大丈夫そうですが、大企業でああいったニュースが流れるのが普通になると、明日は我が身かと不安になります。

正直ビクビクしていますし、自分が今の会社でリストラの対象になる可能性も0とは言えませんからね。

今回はリストラ後の心配が少しでもなくなるように、リストラ後の就職で有利になることをまとめてみました。

就職支援サイトランキング

リストラ後の年齢が若い方が有利

まず、就職市場の常識ではありますが、リストラ後の年齢は当然若いほうが有利になります。

多少スキルや経験が不足していても、若いだけで、頭が柔らかく体力があり、素直というイメージがあり、欲しがる会社は多いです。

また、年配よりも給料が安くすむため、そういった点でも会社側は採用しやすく、転職しやすいと言えます。

つまり、若ければリストラされたとしても、圧倒的にやり直しがききやすいので、そこまで心配はいりません。

問題は、40歳を過ぎてからリストラされた場合です。

40歳をすぎると、会社側としてはそれなりの給料を支払わなければならず、当然それなりの管理職ができる人材を求めてきます。

ちょうど自分にマッチした会社が見つかれば良いですが、やはりスキルや実績がないなら若い人を選ぶという会社は多く、なかなか再就職が難しいのが現状です。

大企業よりも中小企業でリストラされた人のほうが有利

年齢以外にも、会社の規模でもリストラ後の再就職のしやすさは変わってきます。

例えば、中小企業で働いていてリストラされた人は、大企業で働いていた人よりも、再就職に有利になりがちです。

これは、再就職先が中小企業になることがほとんどのためです。

大企業で勤めていた人はプライドが高いというイメージがあり、使いにくいと思われるようです。

また大企業と中小企業では、根本的に働き方が違うことが多いです。

ですので中小企業のやり方に慣れているという点でも、中小企業でリストラされた人のほうが有利になるようです。

逆に言えば、大企業で働いていた人は応募書類や面接で柔軟に対応できることをアピールできれば、リストラ後の再就職でも有利に働く可能性があります。

リストラ後はコネがあると有利

リストラ後はコネがあると有利

就職に有利になるコネは、リストラ後も有効です。

むしろ、リストラ後という不利な状況だからこそ、コネの力は強いと言えます。

リストラと聞くとどうしても仕事ができなかったんじゃないか?何か問題があったからじゃないか?というイメージを持たれがちですが、信用できる人経由で会社経営の悪化のためなどの理由が伝われば、信じてもらえる可能性は高いです。

リストラされたことを友人や知人に言うのは気がひけるものですが、一度恥を捨て、友人や知人にあたってみることも必要かもしれません。

それだけで、なるべく良い待遇で再就職できるなら万々歳です。

使える手は使えるだけ使っていきましょう。

リストラ後も資格によっては持っているだけで有利

リストラ後でも、持っているだけで再就職に有利にはたらく資格もあります。

40歳以上でリストラされてしまった場合、こういった資格を取得し、再就職を目指すのも一つの方法です。

特に宅建などは、資格を持っている人が不動産屋に必ず一人は必要なので、かなり需要の高い資格といえます。

フリーターは宅建で就職できる

他にも介護福祉士など、即戦力になる資格も有利になるようです。

リストラ後に資格を取得するのもいいですが、自分がリストラされそうな兆しがあったら、転職のために資格をとり、備えておくことも大切かもしれません。

最近は、通勤講座 のような、スマホがあればどこでも勉強できるオンライン講座も整っています。

学校や通信講座に比べてもかなり価格が落ち、昔にくらべて仕事をしながらでも資格の取得が簡単になったと感じます。

リストラ後は就職支援サイトを利用すると有利

コネも資格もないという場合、ひとりで就活するのは正直かなり大変だと思います。

特に40歳を過ぎてリストラされた場合、そのままフリーターになってしまう人も多いです。

若くても、リストラのショックから抜け出せず、なかなかどうしたら良いのか悩むところかもしれません。

こういった場合は、転職支援をどれだけ活用できるかが再就職できるかの鍵となります。

リストラ後は就職支援サイトを利用すると有利

就職支援サイトは、簡単にいうとコネの代わりになるサービスです。

あなたの代わりに会社との橋渡しをおこなってくれ、あなたに合う会社を探し、その会社に適した就職方法を教えてくれます。

就職支援サイトのエージェントによっては、希望する会社へしっかりとあなたの魅力を推薦してくれるでしょう。

その会社で働いている人からの紹介よりは、力が小さくなってしまうかもしれませんが、コネがまったくない状態よりは就職支援をしてもらった方が断然良いのは間違いありません。

20代であればハタラクティブ、30代以降であればその業界にあった転職エージェントを使ったり、リクルートスタッフィング などから紹介予定派遣求人をねらうのがオススメです。

「使える手はすべて使ってでも再就職に挑む!」くらいの気持ちでいけば、再就職先は見つかると思います。

人は本人が話す内容よりも、第三者が評価した意見の方を信じる傾向があります。

就職エージェントのお墨付きがあれば、リストラ後の再就職でも有利になる可能性が高くなりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際リストラされたら気が滅入ってしまって何もかも諦めてしまいそうですが、希望をもって探しつづければ再就職は可能です。

特にあなたが20代や30代なら大丈夫!

親や友人に、どこか紹介してもらえないか相談したり、就職エージェントに相談したり、諦めずに探せば大丈夫です。

前向きに頑張ってくださいね。

関連の記事:

WEB応募の採用率を高める書き方

資格をとれば就職は有利になるのか?

40代のフリーターが就職するのは可能?

フリーターからホームレスにならないために

フリーターに向けた正社員求人は少なくない

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-人事担当者に聞いてきた本音暴露

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.