面接で有利になる書類の書き方

WEB応募の採用率を高める書き方

更新日:

最近は求人サイトや就職サイトなどで、WEBから応募できる企業も増えてきました。

WEB応募の採用率を高める書き方

1回情報を入力すれば使い回しが可能なWEB応募は、かなり便利ですよね。

でもフォーマットが決まっているWEB応募は使い回しがしやすい分、採用率を高めるには注意しなければいけない点もいくつかあります。

まだ就職支援サイト使ってないの?漫画でわかるフリーター就活

WEB応募で採用率を高めるには?

WEB応募で採用率を高めるには下記の点に注意してみてください。

記入漏れや誤字脱字をチェック

手書きと違って簡単に漢字がでてくるので、変換ミスがおこりやすいのがWEB応募です。

記入漏れや脱字にも気づきにくいので、必ず書き終わったらチェックしましょう。

取得している資格は仕事に関連するものを入力

紙の履歴書同様、欄がたくさんあるからといって全て書けばいいというわけではありません。

関連しそうなものにしぼり、関連性の高いものから入力しましょう。

職務経歴は新しいものから

紙の履歴書だと職務経歴は古いものから書きますが、WEB応募は最近のものから書きます。

書き方はフォーマットにあわせます。

紙の履歴書同様に具体的なエピソードや実績などを入力します。

誰が読んでもわかりやすく

これもWEBに限ったことではありませんが、専門用語は使わずに、誰が読んでもわかりやすいように書きましょう。

Wikipediaなどの文章をわかったつもりでコピペは危険です。

年収の欄(らん)にはボーナスや手当も含んだ総額を入力

前職で何かボーナスや手当をもらっていた場合はその分も含めた年収額を入力します。

個人情報以外は応募先企業にあわせて修正する

WEB応募は一度に数社に送ることができる場合もあるので、同じ内容で送ってしまいがちです。

ですがそこはグッとこらえて、面倒でも応募先企業ごとに修正するようにしましょう。

当たり障りのないWEB応募内容で採用されるような企業は、人手不足で人気のないブラック企業の可能性がありますよ。

希望条件と書く時は前向きに

勤務地や収入の希望がある場合書いてもOKです。

ただし、それ以外にもやりたい仕事を記入するなど、前向きな希望を添えて印象が悪くならないようにするといいです。

まとめ

WEB応募は簡単に送れる分、コピペですます人が多いため、実は差をつけやすい応募方法です。

特に差がでくる志望動機と自己PR部分は、必ず応募先企業にあわせて修正しましょう。

関連の記事:

フリーターが就職する為にアピールすること

スカウトメールが来ない理由は?増えるようにするには?

人事に聞いた履歴書で不採用にならない為のコツ

就職で有利になる職務経歴書の書き方



今読まれている記事

就職支援サイトランキング 1

フリーターから就職するために大きな力になってくれるのが就職支援サイトです。 インターネットで検索するだけでも、就職支援サイトはたくさんヒットすると思います。 でもありすぎて、どのサービスが自分に向いて ...

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 2

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

manga_cat 5

東京都近郊に特化した就職支援サイト 大阪や名古屋など全国対応の就職支援サイト 業界に特化した就職支援サイト ほかのことを知りたい方はトップページへ > 東京都近郊のフリーターに特化した就職支援サイト ...

-面接で有利になる書類の書き方

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2018 AllRights Reserved.