失敗しないための面接本番の対策

グループ面接の心得と対策!ライバルに差をつけるためのコツ

更新日:

フリーターの場合、グループ面接の経験がないという方は多いのではないでしょうか。

アルバイトの面接をグループ面接でおこなうというのは、聞いたことがないような気がします。

グループ面接というのは、その名の通り1人ではなく複数人(グループ)でまとめておこなう面接のことです。

グループ面接の心得と対策で差をつける

主に応募者の多い人気企業や大企業で、グループ面接はおこなわれます。

ひとりひとり面接をおこなっていたら時間が足りないため、グループ面接である程度人数をしぼる必要があるためです。

そしてグループ面接で印象に残った人が、次の個人面接にすすめるという流れになります。

グループ面接が多いのは大企業の新卒採用時などですが、フリーターや既卒の人でもグループ面接にあたる可能性はゼロではありません。

グループ面接では、アピール時間も短くライバルが一緒にいる状態で面接をおこなうため、個人面接とは対策が変わってきます。

応募企業の採用までの流れを事前に確認して、グループ面接がある場合には、しっかりとグループ面接に合わせた準備をしておきましょう。

就職支援サイトランキング

グループ面接の心得

グループ面接の対策やコツをお話する前に、まずグループ面接の心得についてお話したいと思います。

グループ面接は5人くらいでおこなわれることが多いのですが、同じ場所にライバルがいる分、個人面接よりも自分の意見をしっかりと自信をもって話せる精神力が必要になってきます。

簡単にいうと、伝えることを怖がらない姿勢が大切です。

グループ面接では、他の面接者と同じ質問をされるので、比較されているとどうしても感じてしまうでしょう。

実際、面接官もあなたとライバルの人を比較しているのは間違いありません。

また、質問に答える内容だけでなく、印象を良くする努力も個人面接以上に大切です。

グループ面接では、身だしなみや態度などが悪いと、とても目立ってしまうのです。

座り方やしゃべり方も、印象に残ってしまう可能性があることを覚えておく必要があります。

個人面接ではわからない、他の面接者が答えてる時の姿勢もみられています。

さらに他の面接者の答えに対して、意見を求められることもあります。

ここまで、不安にさせるようなことを言ってきましたが、グループ面接の状況は他の面接者も同じです。

ということは、就職希望者との差をつけやすい面接でもあるということを忘れないでください。

グループ面接の対策やコツをしっかり身につけて、このチャンスをものにしましょう。

グループ面接の対策やコツ

グループ面接対策のポイント

グループ面接の対策やコツは、下記の5つです。

01. 挨拶はしっかり明るい表情で入室する

第一印象を決める挨拶は、とても大切です。

カーレースで言うスタートダッシュみたいなもので、この挨拶をしっかりできるかどうかで、この日のグループ面接を有利な流れにできるかどうかが決まると言っても過言ではありません。

扉は静かに開き、個人面接と同じように挨拶はハッキリした声でおこないます。

自信をもって入室しましょう。

一般的なマナーができているかもチェックされていますので、入室前に身だしなみの最終チェックをしておくことをオススメします。

02. 30秒から1分以内で簡潔にこたえる

グループ面接では他の面接者も答えるため、ひとりひとりの持ち時間は長くありません。

ダラダラと話していると、協調性がないと思われてしまいます。

30秒から1分以内くらいで、わかりやすく伝えられるように準備をしておきましょう。

実際に聞かれる質問は、基本的には個人面接と同じです。

少なくとも自己紹介と自己PR、志望動機は用意しておいたほうがいいと思います。

03. 他の面接者が喋っている時も話をちゃんと聞く

個人面接では常に自分が見られているという自覚があるため、終わりまで緊張感を持っていどめると思います。

でも、グループ面接では他の面接者もしゃべるため、自分の番が終わるとつい気が抜けてしまいがちです。

しかし、グループ面接では自分が喋っていない時の態度もチェックされています。

他の人が喋っている時も気を抜かず、相手の方向を見る、発言を聞いてうなずくなど、きちんと聞いている姿勢をとりましょう。

間違っても姿勢を崩したり、ぼーっとしたり、興味なさそうな態度はNGです。

正直興味がないかもしれませんが、話し方やアピールで勉強になる発言もあるかもしれません。

また後々の質問で、他の人の意見を引用して意見を言えば、よく話を聞いて考えることができる人というアピールができます。

面倒でもしっかりと聞いておきましょう。

04. 他の面接者の意見を否定しない

グループ面接では、他の面接者の意見に対して「あなたはどう思いますか?」と聞かれることもあります。

当然、答えは面接者によって異なるので、他の人の意見と反対のことを思うこともあるでしょう。

そういう時には、無理に意見をあわせる必要はありません。

ただし、否定するような言い方は印象が悪くなるので、相手の意見を認めたうえで、自分の意見を言うようにしましょう。

例えば「確かに◯◯さんのような意見は、とても効率的だと思います。しかし、私は◯◯のような考え方もできると思います。なぜなら・・・」というようなイメージです。

05. 印象良く終える

面接は始めも大事ですが、終わりも気を抜いてはいけません。

終わりの印象が悪いと、面接中にいくら良いアピールができても台無しになる可能性があります。

最後というのはとても印象に残りやすいのです。

個人面接同様、グループ面接の終わりも忘れずに「ありがとうございます」と「よろしくお願いします」をしっかり伝えましょう。

他の面接者と答えが被った時には?

グループ面接で焦りがちなのが、自分が言おうと思っていたことが先に言われてしまった時です。

他の面接者と答えが被った時には?

パクったと思われるんじゃないか?と焦る気持ちもすごくわかりますが、ここは落ちつきましょう。

もし意見が被ってしまっても、意見を変える必要はありません。

焦って別の答えを探そうと思っても良い答えはでてこないでしょうし、「自分の意見をしっかり持っている」ことの方が大事です。

ただし、まったく同じではアピールとしていまいちなので、どうしてそう思うのか?理由も自分の言葉で伝えましょう。

まとめ

グループ面接では短い持ち時間の中で自分の意見をきちんと伝え、どれだけ他の面接者との違いをアピールできるかが大事です。

個人面接と違って、他の面接者の影響を受けやすいので、冷静に自分の意見を言えるように繰り返し模擬面接をするのが良いでしょう。

また、他の面接者の態度が悪くても、それにつられることのないようにしましょう。

緊張しすぎて失敗しそうな場合は、グループ面接前に他の面接者に一言挨拶をしておくのも良いと思いますよ。

関連の記事:

フリータが受ける圧迫面接への対策とよくある質問

面接後はお礼状で好印象を与えよう

就職活動における就活マナー

面接官の反応を見ることの重要性は?

人事に聞いた面接で好印象をあたえる為のコツ

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-失敗しないための面接本番の対策

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.