面接で有利になる書類の書き方

スピード写真はNG!正社員用の履歴書ならスタジオ撮影がベスト

更新日:

履歴書の写真には何を使うのがベスト?

スタジオ、スピード撮影機、誰かに撮ってもらう、最近はスマホで自撮りなど、履歴書の写真を撮るにはいくつかの方法があるとます。

アルバイトの面接では、正直何の写真でも「手持ちがこれしかなかったので・・・」でごまかせた履歴書の写真も、就職活動では通用しません。

履歴書の写真次第では、印象が悪くなるばかりか、履歴書を読んでもらえないことさえあるのです。

当然、そうなれば書類選考落ちです。

今回は、正社員就職用の履歴書に使う写真について、何を使うのがベストなのかをまとめました。

就職支援サイトランキング

スタジオで撮った写真を使って書類選考通過率があがった

フリーター時代、わたしが履歴書に使う写真といえばいつも駅前のスピード撮影機で撮った写真でした。

アルバイト時はこれで何の問題もありませんでした。(きっとバイトで不採用になった理由はほぼ面接の印象の問題だったはずです)

実は、就職活動をはじめてからも最初のうちはその履歴書にも、何の疑問もなくスピード写真を使ってました。

余ってた写真がありましたしね。

でも、書類選考が全然通らない。

改めて就職用の履歴書の書き方を調べたら、「スピード写真は印象が良くない」と書いてあったんです。

そこでスタジオにとってもらった写真を使うようにしたら、奇跡的に書類選考に通ることがでてきました。

それでも面接で上手くいかず、就職支援サイトを使うまで就職を決めることはできませんでしたが。

ただ、スピード写真からスタジオで撮ってもらった写真に履歴書の写真を変えたことで、わずかでも書類通過率はあがったと思います。

スピード写真よりスタジオ写真のほうが印象が良い理由

スピード写真よりスタジオ写真のほうが印象が良い理由

そもそも、どうしてスピード写真よりもスタジオでとってもらった写真のほうが印象が良いのか?

スタジオで撮ってもらった写真は、プロのカメラマンのチカラでキレイに撮ってもらえる、というのは大きな理由ですよね。

自分の一番良く見える写りで撮ってくれるし、髪や服装が乱れていたら整えてもくれます。

しかも、就職活動に適した表情や姿勢のアドバイスなどもあります。

自己判断で撮るスピード写真とは、天と地の差の仕上がりになるのは当然ですね。

しかし、写真の良し悪し以上に“手間がかかっているかどうか”が大事なんです。

何枚もの履歴書の写真を見ている採用担当者でなくても、見比べればスピード写真なのかスタジオで撮った写真なのかは素人でもわかると思います。

もし、2人の応募者がいたとして、あなたはスピード写真、もう1人はスタジオで撮った写真だったらどうか?を少し考えてみましょう。

確かにスタジオで撮った写真のほうがキレイですが、あなたのほうがイケメン(美女)かもしれません。

それでも、スタジオで撮った写真には時間とお金がかかっています。

対してスピード写真は、駅に行ったついでに5分もあれば撮れます。

スタジオで写真を撮ってきたほうが、「気合入ってるな」と思いませんか。

就職した後も真面目に働いてくれそうです。

この場合、同じようなポテンシャルや経歴の持ち主であれば、あなたがよほどのイケメンや美女でもない限り、スタジオ写真で撮った人のほうが書類選考を通過する確率は高いでしょう。(いわゆる顔採用は確かにありますが)

つまり、採用担当者は履歴書の写真を何で撮ったかでも、「あなたがどれだけ就職したいと思っているのか?」熱意を判断しているのです。

プリクラや遊びの時にとった写真なんかは論外で、それだけで選考からはずす採用担当者もいます。

履歴書の写真を撮る時の注意点

履歴書の写真を撮る時の注意点

写真を何で撮るにせよ、履歴書に使うのであれば注意しておいた方が良い点をまとめました。

撮影前は下記のポイントをチェックして、撮影にいどみましょう。

スタジオで撮影するなら、あとはカメラマンにお任せすれば問題ありません。

  • 男性は髪を短くカットし前髪にかからないようにセットする
  • 女性は長い髪は場合は後ろでしばり、前髪がひたいにかからないようにセット。さらに耳は見えるようにする
  • 私服はNG、就職面接に行く時と同じ格好で
  • シャツはシワがないようにする
  • 女性の場合、メイクはナチュラル
  • アクセサリーは外す

正社員で就職用の履歴書写真はスタジオで撮影がベスト!

正社員で就職用の履歴書写真はスタジオで撮影がベスト

わたしの撮影時の話に戻りますが、スタジオで写真撮ってもらうなんてなんか緊張しますよね。

わたしも七五三以来でしたが、カメラマンが緊張をほぐしてくれたのでなんとか撮影は終了しました。

髪やネクタイの調整、姿勢や顎の角度、目線、口角のあげ具合などまで細かくアドバイスをしてもらいました。

気をつけるところがありすぎて、自分で撮影するのではベストのものが撮れないのも納得です。

さらに100枚以上とった写真の中から、一番良いものを選びます。

出来上がりを見て、スピード写真とくらべてこんなに印象が変わるのかと驚きました。

写真データは保管してもらえるので、焼きまわしも簡単でした。

撮影料金は多少かかりますが、5,000円~1万円くらいの投資で就職活動を早く終わらせられるのであれば安いもんだと思います。

たかが写真一つでと思うかもしれませんが、もし採用担当者がものすごく迷って誰かと天秤にかけている時、写真の印象が合否をわけるかもしれません。

就職したい企業の履歴書に使う写真は、スタジオ撮影のものがベストです。

この機会にスタジオ撮影を体験してみるといいかもしれません。

あなたの写真のイメージが変わることを実感できますよ。

関連の記事:

既卒・フリーターの失敗しない会社選びのポイント

就職で有利になる履歴書の書き方

履歴書の詐称がバレる可能性はある?

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-面接で有利になる書類の書き方

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.