面接に関する気になる疑問

履歴書にアルバイトの経歴は書くべき?ダブルワーク、短期の場合の書き方は?

更新日:

既卒やフリーターにとってアルバイトの経歴は、切っても切り離せないものだと思います。

わたしも短いものから1年以上働いてたものまで、いくつかのアルバイトを経験してきました。

履歴書にアルバイトの経歴は書くべき?

もちろん、今の就職先の仕事に関連するようなものばかりではありません。

むしろ関係ないものの方が多かったかもしれませんね。

ですが、既卒やフリーターの人にとっては、アルバイト経歴も書き方次第で立派なアピール材料になります。

今回は、履歴書の職歴欄にアルバイト経歴を書く場合の書き方をまとめて紹介します。

就職支援サイトランキング

履歴書にアルバイト経歴を書くかどうかは状況次第

先ほど、書き方次第でアルバイト経歴はアピール材料になるとお話しました。

しかし、まず、履歴書にアルバイト経歴を書いたほうがいい場合と書かない方がいい場合があることを知っておいて欲しいと思います。

履歴書にアルバイト経歴を書いた方がいい場合

履歴書にアルバイト経歴を書いたほうがいい場合は、基本的にフリーターや既卒からの就職を目指す場合です。

フリーターや既卒の場合、職歴でアピールできることがなかなかないと思います。

そんな時アルバイト経歴があれば、空白期間の説明になりますし、何かしらのアピールになるはずです。

例えば、1年以上アルバイトを続けた経歴があれば、最低限、真面目に働き続けることができる人という印象を与えられるでしょう。

志望企業の仕事や業界に関連するアルバイト経歴があれば、知識やスキルがあることをアピールできるので、面接で詳しく聞きたいと思ってもらえるかもしれません。

フリーターや既卒の場合は、履歴書にアルバイト経歴を書いてもプラスに働く場合が多いのです。

履歴書にアルバイト経歴を書かない方がいい場合

逆に履歴書にアルバイト経歴を書かない方がいいのは、新卒や直近で就職経験がある場合です。

新卒から正社員を目指しているのにアルバイト経歴を書くと「書き方をしらないのかな?」と思われます。

また、正社員から正社員への転職を志望しているはずなのにアルバイト経歴を書くと「この人は何をしたいのだろう?」と思われてしまう可能性があります。

ただし、過去に就職経験があっても長い間就職ができず、生活の為にアルバイトをしなければいけなかった場合もあると思います。

そのような場合はアルバイト経歴を書いたほうが良いです。

空白期間になってしまうと印象も良くないですし、どちらにしても面接で聞かれると思います。

その場合は、最低でも3ヶ月以上の長期で働いていたもののみを記入しましょう。

フリーター・既卒向け履歴書のアルバイト経歴の書き方

フリーター・既卒向け履歴書のアルバイト経歴の書き方

では、履歴書にアルバイト経歴を書く場合の書き方を紹介していきます。

職歴欄にアルバイト経歴を書く時は、通常通り入社年月を書いて、末尾に「アルバイトとして入社」と記載しましょう。

次の行に、職種名や仕事の内容を簡単に書いていきます。

ビジネスマナー研修をうけた、リーダーポジションをしていた、新しいバイトのトレーニングを任されていたなど、特別アピールできそうなものがあれば、そのことを簡単に記載しても良いでしょう。

  • ○○年○○月 □□株式会社にアルバイトとして入社
    1週間のビジネスマナー研修後、レジ打ち、品出し、在庫管理を担当

アルバイトとして働いていたのか、正社員として働いていたのか、しっかりとわかるように書くのがポイントです。

退職年月の記載は、「○○年○○月 □□株式会社 一身上の都合により退職」のみで構いません。

アルバイト経歴はどこから書く?

フリーターや既卒でも、アルバイト経歴は書けば書いただけ好印象ということではありません。

短いアルバイト期間のものをいくつも書いても、「続かない人」という印象が強くなるだけです。

これは正社員への就職においては逆効果です。

アルバイト経歴は、最低でも3ヶ月以上続けていた長期のものだけを書いていきましょう。

ダブルワークの場合の書き方は?

ダブルワークの場合は、履歴書にはメインとして働いていたほうのアルバイト経歴を書くのが良いでしょう。

志望する会社の仕事や業界に関連するようなアルバイト経歴がある場合は、それを優先して書くのもアリです。

短期のアルバイト経歴しかない場合は?

今までアルバイトが続いたことがない、日雇いのアルバイト経歴ばかりという場合には、アルバイト経歴の比較的長いものや、希望する仕事や職種に関連するもののみにしぼって書いていきましょう。

何も書かないと、「ただニートとして過ごしてきたのでは?」と思われる可能性がありますし、全て書いても「何も続かない人」という印象を持たれてしまいます。

履歴書にアルバイト経歴を書く時は採用担当者の考えを想像して書こう

履歴書にアルバイト経歴を書く時は採用担当者の考えを想像して書こう

アルバイト経歴の書き方には、決まったものがあるわけではありません。

そのため、どのアルバイト経歴を書いたら印象が良くなるか?どのように書いたらくいついてもらえるのか?採用担当者の考えることをイメージして書くことが大切です。

とはいっても、正直どこからどこまで書くべきかは、自分で判断するのは難しいかもしれませんね。

わたしは就職コンサルタントと相談し、志望企業にあわせてどう書くべきか?アドバイスをもらって書いていきました。

履歴書をみせて、直接添削してもらうこともできるのでかなり心強かったです。

履歴書の書き方が面接にすすめるかどうかを左右する時もありますので、不安な人は参考にしてみてください。

関連の記事:

すぐに辞めた会社の情報は書くべき?

履歴書の職歴をまとめて書く方法

前職調査って本当にされているの?

【理由別】履歴書の空白期間の埋め方・面接での説明のポイント

履歴書の詐称がバレる可能性はある?

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-面接に関する気になる疑問

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.