面接に関する気になる疑問

すぐに辞めた会社の情報は書くべき?

更新日:

既卒の人の中には色々な理由で、短期間で会社を辞めてしまった人もいると思います。

ですが、特に3ヶ月未満の職歴は書くべきか迷うところですよね。

すぐに辞めた会社の情報は書くべき?

「履歴書の詐称がバレる可能性はある?」でも書いた通り、正社員での職歴はバレる可能性が高いです。

アルバイト歴は別ですが、正社員の職歴はすぐに辞めた会社でも書くことをオススメします。

まだ就職支援サイト使ってないの?漫画でわかるフリーター就活

すぐに辞めた会社でも履歴書に書くのが良い理由

01. 空白期間の説明ができる

空白期間があれば面接官に突っ込まれる可能性は高いです。

もちろん、アルバイトをしていたとごまかすことも出来ます。

ですが、ウソをつくよりは正直なことを言う方がよっぽど印象が良いですよ。

それにウソをつくと、後々つじつまが合わなくなり、さらにウソを重ねることになりかねます。

面接官もウソにはなれていますからね。

なんとなく雰囲気で、今ウソを言っているなぁ〜くらいのことは感じ取りますよ。

02. 入社後、書かなかったことを都合良く使われる可能性がある

採用の時にバレずに就職できたとしても、入社後にバレる可能性も十分あります。

もちろん、日本は法律が正社員を手厚く守ってくれています。

それがバレたからといって、よほどの詐称でない限り、即解雇ということはほぼありません。

ですが、あなたがなんらかの理由で会社にとって必要なくなった時は注意です。

わたしもフリーター時代、経歴の話をされ「お前は嘘をつくから」と、毎日わたしだけ日誌を書かされたことがあります。

アルバイトなので、その後は嫌になって辞めちゃいましたけどね。

ですが、辞めさせる材料として使われる可能性があるのも事実なので、十分に注意してください。

03. 「バレるかも」という精神的負担がない

そもそも何か隠し事をしていると精神的によくありません。

隠していることが気になったり、バレるかも知れないと心配になったりして、面接も集中できないと思います。

そんなこと全く気にならないという人なら良いですが、そうでないならオススメ出来ません。

不安な時は既卒専門の就職支援サイトを使おう

すぐに辞めてしまった会社でも、基本的には履歴書には正直に書きましょう。

きちんと退職理由を伝えて、今は前向きに仕事に向き合っていることを伝えれば大丈夫です。

それでも不安な人は、就職支援サイトを使うのがオススメです。

その時はフリーターや既卒専門のサービスを選ぶようにしてくださいね。

一般的な就職支援サイトに比べて、フリーターや既卒に特化しているので、実績も多くて安心ですよ。

関連の記事:

履歴書の詐称がバレる可能性はある?

履歴書は今でも手書きが有利なの?

前職調査って本当にされているの?

フリータが受ける圧迫面接への対策とよくある質問

人事に聞いた面接で好印象をあたえる為のコツ



今読まれている記事

就職支援サイトランキング 1

就職支援のプロが、対面やオンラインでイチから就職をサポートしてくれる就職支援サイト。 就職相談から求人紹介、履歴書対策、面接対策、条件交渉などをおこなってくれる頼りになるサービスです。 ただ自分で探す ...

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 2

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

5

東京都近郊に特化した就職支援サイト 大阪や名古屋など全国対応の就職支援サイト 業界に特化した就職支援サイト ほかのことを知りたい方はトップページへ > 東京都近郊のフリーターに特化した就職支援サ ...

-面接に関する気になる疑問

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2018 AllRights Reserved.