条件が悪くてもフリーターから就職できる

フリーターの女性は就職しにくい?年代別就職攻略法を紹介

更新日:

わたしは「女性だから」「男性だから」というのはあまり好きではありません。

でも、現実問題として、フリーターの女性は就職しにくいという事実があるようです。

フリーターの女性は就職しにくい?

最近は、女性の積極的採用が進んで、昔に比べればはるかに就職しやすい時代となりました。

それでも、フリーターの女性は、男性に比べればまだ就職には不利なようなのです。

なぜフリーターの女性は就職しにくいのか?

フリーターの女性はどうしたら就職できる可能性をあげることができるのか?

わたしなりに考えてみました。

就職支援サイトランキング

フリーターの女性が就職しにくい理由とは?

女性は男性に比べて体力がない

これはフリーターとは直接関係のないことですが、平均的に見て女性は男性に比べ体力がありません。

それは体の構造として、男性ほうが筋肉量が多い作りになっているので、仕方がないことでもあります。

中にはその辺の男性よりも体力がある女性もいるかもしれませんが、それは例外でしょう。

仕方がないことではあるものの、体力がないとできない仕事というのは一定数あります。

例えば、建築や土木などの体力メインの仕事などは、男性なら大丈夫でも女性では厳しい仕事でしょう。

女性は男性に比べて体力がない

最近は、トラックドライバーやタクシードライバーに女性が採用されることも珍しくなくなってきましたが、それでもまだ数は少ないです。

また、そういった男性ばかりの職場は、女性にとっては働きづらく応募しにくいと感じる職場なのではないでしょうか。

こう考えると、どうしても女性の職種の選択肢はせまくなってしまうのは否めないでしょう。

特にフリーターから就職が簡単な仕事は、体力を必要とする仕事が多いので、フリーターの女性は就職しにくいのかもしれません。

結婚や出産での早期退職を心配される

女性のライフイベントとして、結婚や出産があると思います。

特に出産は退職か産休になると思いますので、会社側が気にするイベントです。

結婚や出産での早期退職を心配される

フリーターの女性でも20代前半までなら、結婚や出産があまり心配されないため、就職することは難しくありません。

若ければ、それだけで将来性を見込んで採用する企業はたくさんあります。

この場合、性別はあまり関係ありません。

でも、フリーターの男性、女性共に、歳をとるほど就職しずらくなっていきます。

特に女性は、歳をとるほど出産や子育てが近づき、「早く辞めてしまうのではないか」という懸念から、採用を控える会社も少なくありません。

実際に「結婚してから就職先を探すのは大変」という声もよく聞きます。

公平に見ている企業ももちろんあります。

しかし、イメージだけの問題ではなく現実問題として、既婚の女性は面接で「残業や出張などに対応できない」と答える人が多いそうです。

そのため、そういった人よりは柔軟に対応できる人を採用したい、という想いがある会社も多いのです。

もちろん、女性のライフイベントに理解がある会社もありますので、そういった会社を探すという手もあります。

しかし、そういった待遇の良い会社は当然人気がありますので、フリーターからの就職はなかなか厳しいです。

性別関係なく、就職活動はなるべく早く始めるのにこしたことはないです。

特に、フリーターの女性は早めに就職活動を始めたほうが良いでしょう。

年代別就職攻略法「就職しにくい」と感じたらこうしよう

年代別、就職しにくいと感じたらこうしよう

フリーターからの就職は年代によってやり方を変えたほうが上手くいきます。

なぜなら、フリーターでも20代の若い内なら正直ハードルを下げて就職支援サイトを使えば、就職先なんていくらでも見つかります。

しかし、歳をとると同じ方法は使えなくなり、就職が難しくなるためです。

30代になってしまうと、頼みの綱である就職支援サイトすら使えないところが増えていきますので、合わせて紹介予定派遣などを使いながら探す方が効率的です。

20代なら

20代でコミュニケーションが得意で自分のアピールが十分にできる女性なら、フリーターであっても自力で就職することは十分可能だと思います。

若いというだけで将来性があるため、大きな武器となりますから。

しかし、就職活動に自信がないというフリーターの女性や、なるべく楽をして良い会社に就職したいというフリーターの女性は、就職支援サイトを活用するべきです。

就職支援サイトは、簡単に言うと就職したいあなたと会社の間をつなげてくれるサイトのことです。

就職支援サービスの図

就職支援サイトに登録すると、担当のコンサルタントがついて、就職に関するあらゆる相談にのってくれたり、あなたにあった求人の紹介をしてくれたり、応募書類の添削や面接対策までサポートしてくれます。

就職後の相談にものってくれるので、就職したいフリーターは利用必須といえるでしょう。

しかも費用は採用先の会社より支払われるので、求職者にかかる費用は最初から最後まで無料です。

フリーターの女性にオススメな就職支援サイトですと、20代のフリーターや既卒女性の就職に特化した女子カレッジ 【JAIC】がオススメです。

あとは、女性専門ではないですが、フリーター・既卒専門ということでハタラクティブもオススメです。

フリーター・既卒からの就職率が高い就職支援サイトで、サポートが手厚いですよ。

30代以上なら

30代以上のフリーターの女性の場合、残念ながら先ほど紹介した女子カレッジは使えません。

ハタラクティブは一応使えますが、30代の利用者は極端に少ないので、もしかすると断られるかもしれません。

そうなると、就職支援サイトではなく、リクナビなどの求人サイトやハローワークなどの就職支援サービスが有効になるでしょう。

しかし、これらのサービスだけでは就職サポート力は十分ではないため、フリーターから就職するのは難しいかもしれません。

30代以上なら

わたしは、こういったサービスと併用して、紹介予定派遣で就職先を探すのをオススメしています。

紹介予定派遣とは、数ヶ月~1年くらい派遣として働いた後、正社員として就職できる求人のことです。

お試し期間的に派遣として働いた後に就職できるので、会社選びに失敗することも少ないです。

たとえ、その会社で正社員にならなくても派遣なら十分な職歴になりますので、フリーター状態よりも実績や経験をアピールできます。

リクルートスタッフィング なら、1万件以上の求人の中から、担当のコーディネーターがあなたにあった就業先を探してくれます。

紹介予定派遣求人はもちろん、優良企業や大手有名企業の非公開求人もありますよ。

また、就業経験のない方もOKの未経験可求人も豊富で、派遣がはじめてという方にも安心です。

育児・介護休暇、健康診断、研修制度といった福利厚生も充実しているので、女性の方には特にオススメです。

フリーターの女性でも就職できる!

フリーターの女性でも就職できる!

フリーターの女性は、たしかに男性に比べ就職しにくいと感じることもあると思います。

しかし、年代にあった方法をとり、諦めずに就職活動を続ければ、きっと就職先は見つかるはずです。

女性ならではの視点や気づかい、強さが仕事に活きると考えている会社は年々増えてきていますから。

もし不採用になっても諦めずに、利用できる手は全て使って就職を勝ち取ってくださいね。

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話は、現在「転職」に関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ

この記事も要チェック!

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 1

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

既卒からの就職が決まらない人へ 2

既卒での就職活動。 なかなか就職が決まらず、不安ですよね。 でも諦めないでください。 今回は既卒で就職が決まらない人の特徴やその対策をまとめました。 今、就職が決まらないとしても、既卒から就職する方法 ...

フリーターが逆転するには? 3

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

失業した時の命綱「雇用保険」 4

就職しやすい職種については「フリーターからでも就職しやすい職種」で紹介しました。 今回はその逆の、フリーターからでは就職しにくい職種についてまとめました。 なるべく早く就職するために、就職しにくい職種 ...

フリーターでもフルタイムの仕事はある 5

フリーターでもフルタイムで働ける仕事はかなりあります。 フルタイムなら、社会保険に加入できる可能性もあるし、一見フリーターでも安定しそうですよね。 正社員と比べれば安定とはいえませんが、確かに単発バイ ...

-条件が悪くてもフリーターから就職できる

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2017 AllRights Reserved.