資格を取るのはもう遅い?40代から活かせる資格とは

資格を取るのはもう遅い?40代から活かせる資格とは

人生80年の時代、40代といえばまだまだ働き盛りです。

元気なうちに、もう少しお給料や勤務条件のいい職場に転職したいなぁと思うことはありませんか?

「でも、自分にはこれといった資格もない・・・」

「若い頃のように、新しいことを覚えるにも記憶力がついて行かないし・・・」

そんなあなた、悩んでいる場合ではありませんよ!

40代の資格について、一緒に考えてみましょう。

40代で持っているといい資格とは?

40代で持っているといい資格とは?

40代の人は、誰もが取得を目指すような一般的な資格ではなく、40代ならではの少しマイナーな資格を持っていると就職や転職に有利になるでしょう。

40代にお勧めの資格を挙げてみます。

マンション管理士/管理業務主任者

男性に人気が高く、最近は資格を取る人が多いので就職時の競争率は上がってきています。

電気工事士

この業界は人手不足と言われています。

また、誰かに雇われるのではなく、独立して仕事ができるのも魅力です。

第二種運転免許

いわゆるタクシー運転手になるための免許です。

既に普通免許を持っている人はわりと簡単に取得できるのではないでしょうか。

ファイナンシャルプランナー

お金にかかわる資格なので勉強も簡単ではありません。

人生経験のある人のほうが資格に意味を持たせることができるでしょう。

医療事務

女性に人気の資格です。

医療事務は年齢に関係なくできる仕事ですので若い人も目指す資格ですが、40代の求人もたくさんあります。

介護福祉関係

仕事に関しては、体力的にも精神的にも辛いですが、高齢化社会にますます人手不足となる業界です。

男女ともに最近は人気のある資格です。

 

他にも、ドラックストアで医薬品を売る登録販売者やインテリアコーディネーターなどもあります。

40代は資格だけがウリではない

40代は資格だけがウリではない

いくら立派な資格を持っていても、40代ともなれば資格だけでは勝負できません。

資格が胸のバッチのようにキラキラ輝くのは、20代、せめて30代前半まででしょう。

彼らは若くして取った資格をもって、これからキャリアアップをしていくのです。

40代の働く人に求められるものは、資格よりもキャリア、つまりどんな仕事でどれだけの経験を積んできたのかという実績です。

例えば、あなたが苦労して40歳で会計士の資格を取ったとして、会計事務所はあなたを雇ってくれるでしょうか?

それは、あなたがこれまでに、どこでどんな仕事をしていたかにかかっているでしょう。

40代は、これまでの経験と実績にプラスしてこそ、会計士の資格に意味を持つわけです。

えっ、「そんなこと言われたら、自分のキャリアにプラスになる資格なんてない」・・・?

そんなことはないですよ!

転職を重ねてきた人や、病気や家の事情で長く働けなかった期間がある人だっていますよね。

これから資格を取る40代としては、年齢を重ねたからこそ生かせる資格や最近できた新しい資格を目指すといいでしょう。

40代の資格は独学で取る!

40代の資格は独学で取る!

40代の人が資格を取るための効率的な勉強方法といえば、やはり独学ではないでしょうか?

働きながら新たに勉強を始めるというのは大変なことです。

それも、資格の勉強はある程度の期間を費やしますしね。

40代になると、悲しいことに記憶力も低下していますし、やる気を保つのも意外と難しいんですよ。

独学は自分のペースでやりたい時に勉強できますから、お勧めです。

今は、大きな書店に行けば資格試験のための参考書がずらりと並んでいますので、実際に手に取って読みやすいものを選びましょう。

もちろん、自分ひとりではペースがつかめない、誰かにサポートしてほしいという人は、通信講座を利用するのも手ですね。

最近は「通勤講座 」など、スキマ時間でできるオンライン講座も充実していますよ。

まとめ

40代で資格を取るにあたって気になることを見てみました。

いくつになっても、新しいことにチャレンジするのはドキドキしますよね。

資格を取ろうと考えている人は本当に自分に役立つものを見極めることが大切です。

これからまだまだ続く未来を見据えて、どうか頑張ってくださいね!

よく読まれている記事

コメントを残す

40代までフリーターってどう?中高年フリーターマガジンは、就職・アルバイトに関するブログランキングに参加中です。

にほんブログ村 就職バイトブログ フリーターの就職・就職活動へ