第二新卒の就職について

第二新卒枠で大手に!就職支援サイト経由なら不利な条件でもチャンスがある

更新日:

一般にハードルが高いとされる、大手企業への就職。

第二新卒枠で大手に就職するなら就職支援サイトを使おう

競争率が高いため、第二新卒や既卒、フリーターでは就職できないと就職を諦めている方も多いのではないでしょうか?

しかし、第二新卒枠を狙えば、第二新卒でも大手へ就職することは十分可能です。

さらに、就職支援サイトを使えば、すぐに仕事を辞めてしまった第二新卒や既卒、フリーターなどの不利な条件であっても、大手へ就職できる可能性はゼロではありませんよ。

まだ就職支援サイト使ってないの?漫画でわかるフリーター就活

大手企業への就職はメリットが多く、人気が高い

大手企業へ就職すると、何かとメリットが多いですよね。

福利厚生が整っていて、安定していて、しかもローンを組む時なども何かと優遇される。

さらに教育体制が整っていることも多い。

これだけ条件が良ければ、社会人経験が少ない第二新卒や既卒、フリーターはもちろん、それ以外からも大手企業へ人気が集まるのは当然と言えます。

それだけに、大手へ就職することは簡単ではありません。

学歴が華々しい新卒や、スキルのある中途だって応募してきます。

応募者が多ければ当然競争率も高いので、中小に比べて就職できる可能性はやはり低くなります。

しかし、諦める必要はありません。

第二新卒枠なら第二新卒や既卒、フリーターにもチャンスがある

第二新卒枠なら第二新卒や既卒、フリーターにもチャンスがある

一般に大手が募集する枠には、新卒採用枠、中途採用枠の2つがあります。

新卒採用は、近いうちに学校を卒業するものに対してもうけられる枠で、ここで重視されるのは学歴や学校でどんな経験をしてきたかということです。

中途採用枠は、社会人経験者へもうけられる枠で、どのようなスキルがあるか、どんな実績を残してきたか?などが重視されます。

しかし、もうひとつ最近もうけられた枠があります。

それが第二新卒枠です。

第二新卒枠は、その名の通り、第二新卒のためにもうけられたもので、ここでは社会人としての経験や実績も見られるものの、より人柄が重視されます。

実はこの第二新卒枠、新卒には社会人経験で差をつけることができ、中途にはフレッシュさや伸びしろ、熱意で差をつけることができる、かなりおいしい枠なのです。

そのため、第二新卒枠で応募し、上手くアピールすることができれば、第二新卒や既卒、フリーターであっても大手へ就職することが可能となります。

フリーターや既卒、すぐに辞めた第二新卒は就職支援サイトを使え!

あなたが、前職2年以上の第二新卒である、もしくは特別な資格や実績もっていれば、自力で就職活動をしても面接へすすめるかもしれません。

しかし、フリーターや既卒、仕事をすぐに辞めてしまった第二新卒であれば、ほとんど書類選考で落とされてしまうでしょう。

もしかしたら経歴だけ見て、自己PRや職務経歴書には目も通してくれないかもしれません。

でも、企業にとって信用できる人や機関が、あなたのことをサポートしてくれたり、あなたに代わってアピールしてくれたらどうでしょうか?

少なくとも書類にしっかりと目は通してくれるでしょう。

自力で応募するより、面接へとすすめる可能性が高まるのは間違いありません。

また、就職支援サイトを使えば、応募書類の添削や面接対策もしっかりとサポートとしてもらえます。

職務経歴書の精度をあげることができ、あなたの魅力が倍以上にもなる面接での回答をすることも可能なのです。

つまり、就職支援サイトを利用すれば、あなたが大手へと就職できる確率を飛躍的あげることができます。

さらに、もし不採用となってしまった場合でも、不採用理由を聞いて次に活かすこともできます。

フリーターや既卒、すぐに仕事を辞めてしまった第二新卒など、不利な条件でも大手に就職するチャンスを手にすることができるのです。

わたしがお世話になったオススメの就職支援サイト

就職支援サイトといっても色々ありますよね。

何を使えばいいか迷うところだと思いますので、ここではわたしがお世話になったハタラクティブを紹介します。

ハタラクティブは、フリーター、既卒、第二新卒専門の就職支援サイトです。

ハタラクティブ

ハタラクティブの利用者の半数以上が上場企業への就職に成功しています。

設立31年以上、従業員規模300人以上の会社の大手求人も十分あります。

さらに、紹介可能な業界は、ITや通信、メーカー、不動産、サービス、流通、商社など幅広く、職趣も企画や営業、エンジニア、事務、販売など様々です。

利用者のほとんどが20代の職歴がない人なのに、利用者4万人以上、就職率80%以上と実績も文句ないですよ。

ただし、ハタラクティブは首都圏で就職希望の方が対象です。

関西やその他の地域で就職希望の方は、DYM就職が大手求人を多数保有しておりサポートしてくれますよ。

ちなみに第二新卒向けの求人は1〜3月、7〜9月が特に多いです。

大手企業の求人は人気で入念な準備が必要なため、早めに就職支援サイトに登録して、大手企業就職への準備をすすめておくのがオススメです。



今読まれている記事

就職支援サイトランキング 1

どの就職サイトが自分に向いているんだろう? いろいろあるけど、就職支援サイトごとの違いはなに? ぶっちゃけどのサービスが一番口コミ評判がいいの? 自分で探すにもいろいろな就職支援サイトがあり、口コミ評 ...

真面目に人生設計を立てたいなら行動しよう 2

少子高齢化がすすみ、若手の人材不足が今問題となっています。 新卒で就職した人が3年以内に辞める割合が高いこともあり、フリーターであっても考え方が柔らかく成長の見込みのある20代を求める企業は少なくない ...

3

30代からの就職活動、どうすすめていけばいいんだろう? フリーターのまま30歳を過ぎてしまったけど就職はできるの? アピールできる職歴がない、一生このままフリーターで働き続けるのか この記事はそんな方 ...

フリーターに向けた正社員求人は少なくない 4

今、新卒の離職率の高さや少子高齢化などの問題から、企業の若者採用が課題となっているのを知っていますか? 若者の多いフリーターも例外ではなく、実際にフリーターに向けた正社員求人も増えてきています。 フリ ...

フリーターが逆転するには? 5

もし、あなたがフリーターから逆転し、人生の勝ち組になりたいと思っているなら、フリーターのままでは難しいでしょう。 まず、フリーターから逆転するには、それ相応の収入と社会的信用が必要です。 しかし、残念 ...

首都圏の正社員求人を探すなら 6

フリーターから就職する時「どこで就職するか?」は、人生を大きく左右します。 今回はおもに地方から東京で就職を考えているフリーターの方向けに記事を書いていきます。 具体的には下記3つについて答えを書きま ...

7

フリーターに特化した就職支援サイト比較一覧 ※スマホでは横にスクロールできます サイト名 対象者 求人の職種や業界 紹介可能求人エリア 求人数 特徴 詳細 ハタラクティブ 18歳~29歳 全般 東京/ ...

【豆知識】掛け持ち時の社会保険と確定申告について 8

将来が不安でフリーターから卒業したい・・・ 就職しないとダメだとわかっていてもなりたい職業がなくて、イマイチ踏み出せない・・・ 目標をもっている人をみるとあせる・・・ フリーターでなりたい職業もないと ...

-第二新卒の就職について

フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話のトップページに戻る

Copyright© フリーターから就職できた方法!面接落ちまくり男の実話 , 2018 AllRights Reserved.